ダークサイド(2018)

ダークサイド

その闇を覗いたら、あとはもう堕ちるしかない

原題:Looking Glass
製作:アメリカ・カナダ(2018年)
日本公開日:2018年6月16日
上映時間:104分
製作会社:Kirk Shaw Productions
配給:アルバトロス・フィルム
製作費/興収:

ニコラス・ケイジが主演した、砂漠のモーテルの誰も知らない秘密の部屋で繰り広げられる官能の狂宴を描くサイコ・サスペンススリラー。幼い娘を事故で亡くし、妻とともに心機一転で新鮮な生活を求めて田舎町のモーテルを買い取って経営することにしたレイ。そこでモーテルの倉庫の奥に謎めいた隠し通路を見つける。通路は10号室の壁裏まで続き、マジックミラーで室内がのぞける怪しい構造になっていた。そしてある夜、レズビアンの女性2人がSMプレイに興じている様子を、レイは好奇心からのぞき見してしまった。それからしばらくして、女性の1人が死体で発見され、さまざまな条件がレイへの疑惑を強めてしまう。レイは、以前にもこのモーテルで変死事件があったこと、前のオーナーが失踪したことなどを知り、10号室に隠された秘密を解き明かそうとするが…。

★【スタッフ】
監督:ティム・ハンター
脚本:ジェリー・ラップ
撮影:パトリック・ケイディ
音楽:マーク・アドラー、クリスティン・ガンドレッド、アンドリュー・ミラー

★【キャスト】
ニコラス・ケイジ、ロビン・タネイ、マーク・ブルカス、アーニー・ライブリー、キャシア・コンウェイ、ジャック・グレイ、ビル・ボレンダー、ジェイソン・ウィクソン、バリー・ジェイ・ミノフ

【無料動画】

ダークサイド

ダークサイド

©2017 Motel Voyeur, LLC. 


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
4.5/10 17% 33
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
宣伝では「エロティック」というキャッチーな見出しが並ぶが、かなり思い切った言葉をチョイスしたものである。我らがニコラス・ケイジでアダルトな雰囲気を出す気でいるのかと思ったが、きっとそんな新しい扉を開いてくれるのかもしれない。部屋のカラクリによる秘密など、ミステリー的な部分を混ぜながら、進行していくストーリーは非常に意味深だが、それはまるで暗闇でにらめっこするかのごとく、地味な戦いにしかならないかもしれない。
●映画FUN
エロい事ばかりを考えるのは、ニコラスケイジも同じなのかという親近感を感じた私はおかしいのだろうか。まさかそんな映画だとは想像もしていなかったわけで、余計に脳みそに変な考えが充満してしまった。「ダークサイド」という全く映画の内容を具体的にも明示的でも表現できていない邦題のせいもあってか、おそらく事前情報からはどんな映画かの予想は不可能ではないか。一つ言えるのは、ニコラスケイジが悶々と、そして延々と考えるだけだ。
●SPACEMOV
名作ではないが、駄作でもない。ほどよい暇つぶしのための一作としてはベスト。ネットで成約して譲り受けたモーテルのオーナーを受け継いだら、なんだかおかしいことになる話。日本だったら民泊みたいな題材で同じことができそう。だからこれをネタに類似の作品を作らないものか。オカルトっぽい方向性に行くのかと思ったら、そうも安易にはいかず、無難な着地という感じ。オープニングがクールで、映像のビジュアルセンスもなかなかでした。