あさがおと加瀬さん。

女子高生同士のピュアな恋と青春を描く

原題:あさがおと加瀬さん。
製作:日本(2018年)
日本公開日:2018年6月9日
上映時間:58分
製作会社:ZEXCS
配給:ポニーキャニオン
製作費/興収:

★【あらすじ】
女子高生同士のまぶしく切ない恋模様を描いた、高嶋ひろみによる人気漫画をアニメ化。高校2年生で緑化委員を務める内気な女の子の山田結衣と、陸上部のエースで隣のクラスの美人な加瀬友香。ある日、結衣が植えたあさがおをきっかけに言葉を交わした2人は、どこか二人にしかわからないつながりに気づき、次第に距離を縮めていくが…。

★【スタッフ】
監督:佐藤卓哉(関連作品:『劇場版selector destructed WIXOSS』)
キャラクターデザイン:坂井久太
撮影:口羽毅
音楽:rionos

★【キャスト(キャラクター)】
高橋未奈美(山田結衣)、佐倉綾音(加瀬友香)、木戸衣吹(三河)、寿美菜子(井上先輩)、浅野真澄(先生)、内山夕実(コーチ)、落合福嗣

【無料動画】

【あさがおと加瀬さん。】劇場公開OVA 本予告【Kase-san and Morning Glories OVA Main Trailer】

【あさがおと加瀬さん。】劇場公開OVA 本予告【Kase-san and Morning Glories OVA Main Trailer】

【あさがおと加瀬さん。】 アニメーションクリップ「キミノヒカリ」【Kase-san and Morning Glories】

【あさがおと加瀬さん。】 アニメーションクリップ「キミノヒカリ」【Kase-san and Morning Glories】

(C)2018 高嶋ひろみ・新書館/「あさがおと加瀬さん。」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.7/5.0 ???/5.00 3.8/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
・高橋未奈美「女の子同士の恋愛ということで百合作品ではあるのですが、絆や友情など、女子高生のリアルな青春も描かれています」
・佐倉綾音「女子同士の人間関係で悩むこともなければ、必要以上にベタベタして読者に媚びることもなく、読んでいてポジティブになれる、幸せな気持ちにしてくれる作品です」

★【雑学(トリビア)】
・公開時の最新巻「さくらと加瀬さん。」の特装版には、二人が出会う前の加瀬さんが山田を見つけた時の物語をおさめたオリジナルドラマCD「緑化委員と加瀬さん。」が同梱された。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター (2018年6月10日) 
古き少女漫画表現を、今の萌え絵柄的な優しいタッチで、同性で描くということ。それは今の深夜アニメであればありふれたことなのかもしれないですが、この作品は丁寧に描写されており、ただの量産品のような雑さはありません。もともと劇場限定公開で同時にパッケージ円盤も販売されているため、クオリティは決して派手な映画クラスではないですが、気軽にのんびり見られる一作です。シリアスな展開もメインにはないですし、ご安心を。
●BILIBILI (2018年6月12日) 
想像以上に良くできた百合映画でした。初々しい二人のやり取りに自分でも気持ち悪いくらいニヤニヤしていたと思いますし、幸せな時間を過ごせました。でも、やっぱり短い。これはせめてテレビシリーズか、動画配信サービスで、長めに展開されるのが一番丁度いいのですけど。でも短い時間でもしっかりと二人の進路やこれからの事、起承転結もしっかりとしていて、工夫も感じられたのでこれはこれでOKなのかな。とにかく安らぎました。
●CRUNCHYROLL (2018年6月14日) 
今作はいきなり二人が付き合っている状態から始まるので、まずそこに驚きです。昨今のLGBTでは深刻なテーマ問題を描くものも多いですけど、この作品はそんなのなく、まったり。ギャグとイチャイチャパートはキュートです。平坦なストーリーをハイレベルの作画によるショットの積み重ねと、キャラの仕草の可愛さ、声優の演技力で見事に気にならないレベルに仕上げています。女の子と女の子が60分ただじゃれあう。それが観たい人は迷わず視聴です。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)