機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星

シリーズ第6弾。ついにつながる物語

原題:機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星
製作:日本(2018年)
日本公開日:2018年5月5日
上映時間:85分
製作会社:
配給:松竹
製作費:
興行収入:
前作:『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦

★【あらすじ】
SFロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」でアニメーションディレクター、キャラクターデザイナーを務めた安彦良和が描いたコミックを、安彦自身の総監督でアニメーション化した「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の完結編となる第6話。宇宙世紀0079年1月23日、ルウムを戦場にジオンと地球連邦の戦いがついに火蓋を切り、赤いモビルスーツ「ザク」を駆るジオン軍の若きエースパイロット、シャア・アズナブルは、目覚ましい戦果を上げて「赤い彗星」の異名を勝ち取る。激戦の末、両軍の間で和平交渉の場が設けられるが、時を同じくして、ある声明が世界に向けて発信される。一方、連邦軍はジオンへの反攻を目的に「V作戦」を始動。サイド7に暮らす少年アムロ・レイは、父が開発に関与したという新兵器「ガンダム」の秘密を独自に探っていた。

★【スタッフ】
総監督:安彦良和
脚本:隅沢克之
キャラクターデザイン:安彦良和、ことぶきつかさ
総作画監督:西村博之
音楽:服部隆之

★【キャスト(キャラクター)】
池田秀一(シャア・アズナブル)、古谷徹(アムロ・レイ)、浦山迅(デギン・ソド・ザビ)、銀河万丈(ギレン・ザビ)、三宅健太(ドズル・ザビ)、渡辺明乃(キシリア・ザビ)、柿原徹也(ガルマ・ザビ)、一条和矢(ガイア)、松田健一郎(オルテガ)、土屋トシヒデ(マッシュ)、中博史(ヨハン・I・レビル)、山崎たくみ(マ・クべ)、潘めぐみ(セイラ・マス)、古川登志夫(カイ・シデン)、成田剣(ブライト・ノア)、福圓美里(フラウ・ボゥ)、藤村歩(ミライ・ヤシマ)、中西英樹(ハヤト・コバヤシ)、田中美央(リュウ・ホセイ)

【無料動画】

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』冒頭15分映像

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』冒頭15分映像

(c)創通・サンライズ


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.8/5.0 ???/5.00 3.7/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年5月15日) 
90分という短さで日時関係なく割引なし1800円という均一料金には疑問を感じてましたが、そもそも限定での劇場公開だし、同時期に動画配信サービスでも視聴できるようになっているから、気になる人はそっちを選べるように選択肢を残しているあたりは親切。まさかこれほどの巨大シリーズになるとは思いもよらずだったけど、資金回収にいろいろ苦戦しているのだろうな。ガンダムという大型コンテンツでもこれだから他は色々大変でしょうね。
映画フリー (2018年5月16日) 
初代、機動戦士ガンダム1話に繋がるように作られたいわば原点へと連なるTHE ORIGIN最終話。「誕生 赤い彗星」と題されたように、冒頭のルウム戦役はシャア・アズナブルが戦艦5隻をザクで撃沈し、中尉から二階級特進して少佐となる、赤い彗星誕生の決定的瞬間へと結びつく。しかし、そこまで大袈裟に描くわけでもないので、意外なあっさりに拍子抜けするかも。製作陣もここはわざとらしく大仰にすることはないと思ったのかもしれない。
BILIBILI (2018年5月17日) 
この作品を鑑賞した経験によって、初代の機動戦士ガンダムを見てみたいと思う新規層も沢山出てくるのではないかと思える出来のシリーズになっていたらいいのだが、どうなのでしょうか。雰囲気としてファンばかりが見ている感じですが。終盤はファーストガンダムのメインキャストをズラッと総登場させ、ファーストガンダムにつながるように上手く纏めているので、ファンはもうガッツポーズものなのだけど。あとは次に何をするかですね。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)