ラプラスの魔女

現実を破壊する驚愕のストーリー

原題:ラプラスの魔女
製作:日本(2018年)
日本公開日:2018年5月4日
上映時間:116分
製作会社:
配給:東宝
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
東野圭吾のベストセラー小説を三池崇史監督のメガホンで実写映画化し、櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰が初共演を果たしたサスペンスミステリー。妻と温泉地を訪れた初老男性が硫化水素中毒で死亡する事件が発生した。捜査を担当する刑事・中岡は妻による遺産目当ての計画殺人を疑うが、事件現場の調査に参加した地球化学専門家・青江修介は、気象条件の問題から屋外で計画を実行するのは不可能として事件性を否定。しかし数日後、被害者男性の知人が別の地方都市で硫化水素中毒により死亡する類似の事故が起きたことで疑惑は深まる。新たな事故現場の調査に当たる青江だったが、やはり事件性は見出せず、手詰まりをみせる。もし2つの事故を連続殺人事件と仮定するのであれば、犯人はその場所の自然現象を正確に予測していたことになる。行き詰まる青江の前に謎の女・羽原円華が現われ、これから起こる自然現象を見事に言い当てる。彼女は事件の秘密を知る青年・甘粕謙人を探しており、青江に協力を頼むが…。

★【スタッフ】
監督:三池崇史(関連作品:『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』)
脚本:八津弘幸
撮影:北信康
音楽:遠藤浩二

★【キャスト(キャラクター)】
櫻井翔(青江修介)、広瀬すず(羽原円華)、福士蒼汰(甘粕謙人)、志田未来(奥西哲)、佐藤江梨子(水城千佐都)、TAO(桐宮玲)、玉木宏(中岡祐二)、高嶋政伸(武尾徹)、檀れい(羽原美奈)、リリー・フランキー(羽原全太朗)、豊川悦司(甘粕才生)

【無料動画】

「ラプラスの魔女」予告

「ラプラスの魔女」予告

(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【toremaga(動画)】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
●劇場公開中の新作映画を無料で見るなら U-NEXT がオススメ!
もれなく映画館で映画1本を無料鑑賞できます。毎月もらえるポイントで割引クーポンをゲットしよう。

●劇場公開中の新作映画を安く見るなら ムビチケ がオススメ!
最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう!

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
2.8/5.0 ???/5.00 3.1/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【インタビュー】
広瀬すず「直感で面白そうと思った作品に三池監督の作品が多かったので、出演してみたかったんです。実際にご一緒すると、細かく演出をされるタイプの方ではなく、まかせてくださるというか、(芝居に対して)OKを出される幅が広く、この瞬間のこのテイクだからこそ生まれたというような芝居を大切にされているイメージでした」

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年5月4日) star_5
おそらく多くの人は出演俳優に釣られて鑑賞すると思うが、まず目にしておくべきはそこではない。監督が三池崇史で、原作が東野圭吾なのだ。このただでさえクセの強い二人がコンビを組んでしまったら、その作品の異様なオーラはさらに倍加する。案の定、一般人が思い浮かぶミステリーとは180度違う、脳内困惑必須の作品に仕上がっている。通常のストーリーテリングも通用しないので、かなり手練れた読解力を要するのは避けられないバランスだ。
映画フリー (2018年5月5日) star_5
ファンが期待するものは、カッコいい櫻井翔演じる青江教授が事件をズバズバ解明していくドラマとかでありそうなファンの欲望を具現化した話のはずでしょうが、実際の映画は違って、謎現象にわけもわからず振り回されていく感じ。ただ、櫻井翔はどうしたって主人公然とした振る舞いしかできないので、なんだか空回りしている人みたいにしか見えないがやや欠点。ビジュアルだけには魂を入れてこだわったのか、エフェクトといい、頑張っていた。
BILIBILI (2018年5月5日) star_5
原作は未読だが、ストーリーは分かりやすくまとまっていた印象で、そこは平均点。ただ、良くも悪くも期待通りというのが率直な意見なので、もっと変化球が欲しかったかも。この作品の注目点の一つとして、現実ではあり得なそうな超自然現象がCGでリアルに描かれているシーンがいくつかあるのですが、非現実シーンは作りこまれていました。役者については広瀬すずの圧巻の場を掌握する演技力はいつもどおり。櫻井翔は若干居場所を失ってました。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)