ランペイジ 巨獣大乱闘

ドウェイン・ジョンソンvs巨大モンスター、勝つのはどちらだ!

原題:Rampage
製作:アメリカ(2018年)
日本公開日:2018年5月18日
上映時間:107分
製作会社:New Line Cinema
配給:ワーナー・ブラザース
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
巨大化した動物たちが暴れまわる、1986年に発売されたアーケードゲーム「RAMPAGE」をベースに、人気俳優ドウェイン・ジョンソン主演で描くパニックアクション。ある遺伝子実験の失敗によって普通ではありえないほど巨大化し、凶暴化してしまったゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たち。巨大化が止まらず怪獣と化した動物たちは、本能のままに破壊活動を続けながら北米大陸を横断し、高層ビルがそびえ立つ人間の社会の中心地で大乱闘を繰り広げる。未曽有の大災害に人びとが逃げ惑う中、軍隊が仕かけるあらゆる攻撃も怪獣たちには歯が立たず、次々と街が破壊されていくが…。

★【スタッフ】
監督:ブラッド・ペイトン(関連作品:『ドクター・エクソシスト』)
脚本:ライアン・イングル、カールトン・キューズ、ライアン・J・コンダル、アダム・スティキエル
撮影:ジャロン・プレサント
音楽:アンドリュー・ロッキングトン

★【キャスト】
ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジェイク・レイシー、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン、P・J・バーン、ブリアンヌ・ヒル、ジャック・クエイド、デミトリアス・グロッセ、ウィル・ユン・リー

【無料動画】

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』特報(ドウェイン・ジョンソン メッセージ付き)【HD】2018年5月18日(金)公開

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』特報(ドウェイン・ジョンソン メッセージ付き)【HD】2018年5月18日(金)公開

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【XMovies8


映画動画紹介ブログ村

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。
[Q&A] お困りですか?
動画が停止する…画質が悪い…字幕や吹き替えがない…広告がウザい…リンクが切れる…。そんなときは VOD(動画配信サービス)がオススメ! 安心安全に映画をインターネットで視聴! しかもお試し期間の活用で無料です。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
6.4/10 50% 45
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年4月13日) 
「カリフォルニア・ダウン」でドウェイン・ジョンソンとタッグを組んだブラッド・ペイトン監督が、今度はロック様を巨大モンスターと戦わせるという企画だけを聞くと「アホ」の一言で終わってしまうような映画。でも、それが実現してしまうのだからアメリカ映画界はやっぱりオカシイ。もうどれだけ最強人間が大暴れするか、そっちにしか興味がわいていないと思うが、その認識で正しい。巨大ゴリラか、ゴリラ人間か、勝つのはどちらか必見だ。
●映画FUN (2018年4月14日) 
言うまでもないことですが、話の筋は強引そのもの。詰めが甘いとかいうレベルではなく、物語もいたって平凡的な展開。それでも大迫力のモンスター破壊映像があればそれで他にデザートも前菜も飲み物もいらないという人は、この映画で大満足できるでしょう。ずっとドウェイン・ジョンソンのターンですから、彼のファンはもはや崇拝できるレベルで感謝するでしょうね。CG映像のクオリティはハリウッドのトップクラスです。そこだけは文句なしに凄い。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)