人狼ゲーム インフェルノ

シリーズ第7弾。主演は武田玲奈

原題:人狼ゲーム インフェルノ
製作:日本(2018年)
日本公開日:2018年4月7日
上映時間:95分
製作会社:
配給:AMGエンタテインメント
製作費:
興行収入:
前作:『人狼ゲーム マッドランド

【あらすじ】
注目の若手女優を主演に起用し、プレイヤーが互いの正体を探りあう「人狼ゲーム」を題材に描いたシリーズの第7作。主演は幅広く活躍する武田玲奈が務め、同じく武田主演でシリーズ初の連続テレビドラマとして放送された「人狼ゲーム ロストエデン」に続く完結編となる。私立鶴ヶ岡高校2年3組の紘美は、クラスメイト9人とともに謎の見知らぬ場所に監禁され、命を弄ぶような狂気の人狼ゲームに強制的に参加させられる。ゲームは、それぞれが定められた役職「人狼」と「村人」となってだまし合い、自らの生死を争い、生き残った者には賞金が与えられるというサドンデスだった。しかし、「死んでつぐなえ」という壁に書かれた文字から、彼らに復讐しようとしている誰かが、このゲームを裏で仕組んでいることが浮き彫りになっていく。かくして命をかけた心理戦が始まり、ひとりまたひとりと犠牲になっていくが…。

【スタッフ】
監督:綾部真弥
脚本:川上亮、綾部真弥
撮影:伊藤麻樹
主題歌:海田朱音

【キャスト(キャラクター)】
武田玲奈(野々山紘美)、小倉優香(向亜利沙)、上野優華(浅見ルナ)、勧修寺保都(都築涼)、松本享恭(水谷和希)、吉原拓弥(東克彦)、久田莉子(松葉千帆)、時人(馬渡聖弥)、米本来輝(宇田川素直)、平松賢人(越智一二三)、山地まり(立花みずき)、大和孔太(八重樫仁)、都丸紗也華(宮下舞)、貴志晃平(小笠原光宏)、吉原雅斗(辻遊馬)、山田智史(坂井龍樹)、海田朱音(結城利絵)、玉城裕規(二神宗一郎)、水野勝(謎の男)、足立理(名倉朔太郎)、加藤虎ノ介(照屋宰)、小松彩夏

【動画】

【映画 予告編】 人狼ゲーム インフェルノ

【映画 予告編】 人狼ゲーム  インフェルノ

(C)2018「人狼ゲーム」製作委員会


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

RAK1【toremaga(動画)】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
劇場公開中の新作映画を無料で見るなら U-NEXT がオススメ!
もれなく映画館で映画1本を無料鑑賞できます。毎月もらえるポイントで割引クーポンをゲットしよう。

劇場公開中の新作映画を安く見るなら ムビチケ がオススメ!
最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう!

▼作品をより深く知る▼

【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.6/5.0 ???/5.00 3.8/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年4月9日) star_5
早いものでシリーズも7作目。日本でこんなに長く続く作品も珍しいです。それはやはり若手女優の登竜門という役割を担い始めているのも大きいかもしれません。これまでも桜庭ななみ、土屋太鳳らを輩出してきたのですが、今作では武田玲奈が抜擢。もうすでにかなりキャリアを積んでいる気もする彼女ですが、今作でさらなる飛躍にブーストがかかると良いですね。グラビアアイドルである小倉優香など脇のキャラクターもに逃がせない魅力がありました。
映画フリー (2018年4月10日) star_5
25分×10話をかけて描いた人間関係を把握するためにもドラマ版を観てからの方が可能な限りオススメですが、ノリで楽しめなくもないです。本作の監督、綾部真弥は園子温の元で助監督として経験を積み、本シリーズ3作目「人狼ゲーム クレイジーフォックス」で商業映画デビュー。しだいにその才能を表し、どんどん技術力をアップ。作品を重ねるごとにクオリティも上がっています。いつまでも綾部監督に続けて欲しいのは多くの人の願いでしょう。
BILIBILI (2018年4月12日) star_5
シリーズの中でもトップクラスに好きな作品です。ドラマを通したのが正解でした。キャラの描きこみがグッと増して、行動に感情移入しやすくなります。どうしてもこの手のジャンルは人間描写が浅いですからね。今回は全員がクラスメイトで、カップルや友人同士でゲームに参加させられている設定もあって、それぞれの駆け引きや葛藤が引き立つ構成に。4作目の小説の後書きで作者がネタ切れと書かれていたシリーズですが今後の展開にも期待できそう。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする