クソ野郎と美しき世界

新しい地図はクソ野郎としてスタートする

原題:クソ野郎と美しき世界
製作:日本(2018年)
日本公開日:2018年4月6日
上映時間:105分
製作会社:ギークサイト
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
元「SMAP」の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演するオムニバス映画。監督:園子温×出演:稲垣吾郎のエピソード1「ピアニストを撃つな!」、監督:山内ケンジ×出演:香取慎吾のエピソード2「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」、監督:太田光×出演:草なぎ剛のエピソード3「光へ、航る」、そして「クソ野郎★ALL STARS」が出演し、すべてのエピソードの物語がつながる児玉裕一監督の「新しい詩(うた)」という4つのストーリーで構成される。全力で走る女、フジコ。フジコを追う不気味なマスクをした極悪人「マッドドッグ」。彼らが向かう先には天才ピアニスト。歌を食べて生きる少女「歌喰い」と歌えなくなったアーティストの不思議な関係。失った息子の右腕を探す旅を続ける夫婦。2人が沖縄で出会ったのは…。

★【スタッフ】
監督:園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一

★【キャスト】
浅野忠信、満島真之介、馬場ふみか、でんでん、神楽坂恵、野崎萌香、冨手麻妙、スプツニ子!、稲垣吾郎、中島セナ、古舘寛治、香取慎吾、尾野真千子、新井浩文、健太郎、草なぎ剛

【無料動画】

「クソ野郎と美しき世界」予告編!

「クソ野郎と美しき世界」予告編!

(C)2018 ATARASHIICHIZU MOVIE


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.9/5.0 ???/5.00 3.6/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【雑学(トリビア)】
・タイトル「クソ野郎」にかけた86(野郎)館で2週間限定という小規模な公開となった。

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評動画映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

無料ホームシアター(2018年4月7日) 
新しい地図としての今の稲垣吾郎・香取慎吾・草彅剛をギュッと詰めたオムニバスで、今の彼らの精一杯が詰まった作品だと思います。日本を代表するどころか、トップに君臨していたアイドルなのに、事務所をやめた途端に、彼らの主演映画ですら、大手配給会社もつかず、マスメディアも取り上げてくれないなんて、本当に芸能界は恐ろしいところだなと痛感するばかり。それでも日本にはクソ野郎を応援する人たちはいるということを証明したいですね。
BILIBILI (2018年4月8日) 
壮大なる新しい地図のPV。彼らの独立宣言を改めて映像と音楽と芝居で表現した感じ。ラストのミュージカルは完全にいつものミュージックビデオでした。それでも自主映画で努力する姿は勇気をもらえます。園子温パートだけは、いつものこの監督のエッジの効いた作風が全開なので、慣れない人は辛いかもしれません。でもきっと稲垣吾郎的な相性の良さはあるのでしょう。映画好きですし。色々な辛い体験や経験があったからこその出発点にしたいです。
PARAVI (2018年4月9日) 
ラスト4編目児玉監督の作品はキレイに大団円!という感じで凄く見ていて爽快感のある構成で楽しかった。映画の前に流れた新しい地図のイメージムービーも含めて、ひとつの映画作品というより、一種の反撃の狼煙みたいなものですかね。一番好きなのはep1。稲垣吾郎の天然貴公子キャラクターが軸になっているからこそ、脇役も派手に暴れることができている見事なリード力で、どうせ独立したのだから、これくらい遊びまくるぐらいはしたほうがいい。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)