劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ

いつか、この声が果てる、その日まで

原題:劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ
製作:日本(2018年)
日本公開日:2018年2月9日
上映時間:120分
製作会社:サテライト
配給:ビックウエスト
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
歌と恋とロボットアクションを織り交ぜて描く人気SFアニメ「マクロス」シリーズの一作として、2016年4~9月に放送されたテレビアニメ「マクロスΔ(デルタ)」の劇場版で、全26話のテレビシリーズを再構成して描く。西暦2067年、人間が凶暴化する奇病「ヴァールシンドローム」が猛威を振るう銀河辺境の地。その危険な脅威への唯一の対抗策が存在した。それは歌によってヴァールシンドロームを沈静化させることができる戦術音楽ユニット「ワルキューレ」。星々をめぐってライブ活動を展開していき、世界に希望をもたらしていた。そんな折、「空中騎士団」と呼ばれる風の王国の可変戦闘機部隊が活動をはじめ…。

【スタッフ】
総監督:河森正治
監督:安田賢司
キャラクターデザイン:まじろ、進藤優
音楽:鈴木さえ子、TOMISIRO、窪田ミナ

【キャスト(キャラクター)】
内田雄馬(ハヤテ・インメルマン)、鈴木みのり(フレイア・ヴィオン)、瀬戸麻沙美(ミラージュ・ファリーナ・ジーナス)、小清水亜美(美雲・ギンヌメール)、JUNNA(美雲・ギンヌメール/歌)、安野希世乃(カナメ・バッカニア)、東山奈央(レイナ・ブラウラー)、西田望見(マキナ・中島)、森川智之(アラド・メルダース)、内山昂輝(メッサー・イーレフェルト)、川田紳司(チャック・マスタング)、石塚運昇(アーネスト・ジョンソン)、石川界人(ロイド・ブレーム)、木村良平(キース・エアロ・ヴィンダミア)、KENN(ボーグ・コンファールト)、峰岸佳(テオ・ユッシラ/ザオ・ユッシラ)、遠藤大智(ヘルマン・クロース)

【動画】

『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』本予告

『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』本予告

(C)2017 ビックウエスト/劇場版マクロスデルタ製作委員会


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
劇場公開中の新作映画を無料で見るなら U-NEXT がオススメ!
もれなく映画館で映画1本を無料鑑賞できます。毎月もらえるポイントで割引クーポンをゲットしよう。

劇場公開中の新作映画を安く見るなら ムビチケ がオススメ!
最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう!

▼作品をより深く知る▼

【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.8/5.0 3.67/5.00 3.7/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
67% 77点 64.1点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年2月26日) star_5
マクロス伝統の別シナリオの映画作品であり、ファンならある程度は承知済みのはず。ストーリーは副題通りにワルキューレが主役です。前後編を使わないことでスマートにはなりましたが、逆に圧縮しすぎて、TV版のキャラのバックグラウンドを全く説明しないので、完全に玄人向けでしょう。風を感じた白騎士と死神の白熱のバトルの一方で闇夜に灯る砲火の表現等、戦場のカメラワークはサテライト独自のもので歌と絶妙にシンクロしていました。
映画フリー (2018年3月1日) star_5
TV版の再構成といった総集編的な内容でしたが、非常にテンポが良くあっという間に終わってしまいました。新規カットは特に違和感なく混ざっており、TV版のグダグダ部分は綺麗さっぱりカットされたことで、ブラッシュアップされた良質な作品に生まれ変わっています。タイトルをマクロスから、ワルキューレに変えた方がいいんじゃないかというくらいメインの変更が気にはなりましたが。ミサイルの軌道も相変わらずですのでそこは安心かな。
ANITUBE (2018年3月4日) star_5
アニメの焼き直し映画にしてはかなり面白いほうです。TV版の冗長な部分を削除した再構成版ですから良くなるのは当然。初見の人はTVシリーズを見る必要は感じないほどで、この映画からスタートしても問題はなし。戦闘シーンやLIVEシーンも全体的なクオリティは良くなっていて、マクロスらしい恋愛関係の話はかなり薄かったのですが、出会いのシーンやラストの終わらせ方は映画の方が好み。結論としては劇場版になって嬉しい一作でした。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする