ちはやふる 結び

人気シリーズ最終章。私たちの青春は続いていく!

原題:ちはやふる 結び
製作:日本(2018年)
日本公開日:2018年3月17日
上映時間:128分
製作会社:
配給:東宝
製作費:
興行収入:
前作:『ちはやふる 下の句

★【あらすじ】
末次由紀の大ヒットコミックを広瀬すず主演で実写映画化した『ちはやふる 上の句』『ちはやふる 下の句』の続編。瑞沢高校競技かるた部の1年生・綾瀬千早がクイーン・若宮詩暢と壮絶な戦いを繰り広げた全国大会から早くも2年が経っていた。3年生になった千早たちは個性派揃いの新入生たちに振り回されながらも、高校生活最後の全国大会に向けて活動を開始する。一方、藤岡東高校に通う新は全国大会で千早たちと堂々と戦うため、かるた部の創設に奮闘していた。そんな中、瑞沢かるた部で思いがけないトラブルが起こる。

★【スタッフ】
監督:小泉徳宏
脚本:小泉徳宏
撮影:柳田裕男
音楽:横山克

★【キャスト(キャラクター)】
広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、新田真剣佑(綿谷新)、上白石萌音(大江奏)、矢本悠馬(西田優征)、森永悠希(駒野勉)、優希美青(花野菫)、佐野勇斗(筑波秋博)、清原果耶(我妻伊織)、松岡茉優(若宮詩暢)、賀来賢人(周防久志)、清水尋也(須藤暁人)、坂口涼太郎(木梨浩)、松田美由紀(宮内妙子)、國村隼(原田秀雄)

【無料動画】

「ちはやふる -結び-」予告

「ちはやふる -結び-」予告

(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
4.2/5.0 4.12/5.00 4.2/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
93% 85点 82.7点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【インタビュー】
広瀬すず「みんなに対して信頼感がものすごく強く、不安要素がなにひとつなかったので、“引っ張っていくんだ”という特別な気持ちはありませんでした」

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

無料ホームシアター(2018年3月17日) 
青春映画の傑作だと思います。上の句、下の句とは別次元の面白さです。前作と同様に、ユーモアのあるコミカルなシーンはとことん笑いをとり、白熱の手に汗握る勝負のシーンはとことん美しく決める。このメリハリがテンポ感につながってドラマにグッと入り込みやすくしています。映像も綺麗で、ところどころ挟まれる美麗なアニメーションが物語を彩っていました。何度でも言えますが、この作品は間違いなく青春映画のトップクラスですので必見です。
映画フリー (2018年3月18日) 
前作から少し時間があいて明らかにキャスト陣の成長を感じさせる内容になっていました。演技面での進化を感じさせます。みんな若いですからどんどん向上していくのでしょう。特筆すべきはヒロインを熱演した広瀬すず。彼女の演技力は今作で化物クラスに開花しており、天井知らずの成長力を見せつけていた。他の役者陣も素晴らしく、松岡茉優や上白石萌音など陰で作品を支えているような人物さえも演技のクオリティが尋常ではないのが凄い。
BILIBILI (2018年3月19日) 
号泣してしまいました。映画が終わった後は拍手したくなる出来でした。こういう漫画原作だと、オリジナルに合っているかどうかなどがポイントになりますが、この実写化シリーズに関して言えば、そんな議論は論外なくらいの完成度です。映画独自の溢れんばかりの魅力が全方位に発散されており、もはや映画が原作だといってもいいぐらいです。観て損をするような映画で絶対にないので、迫力の映像と音と演技を必ず体験しておきしましょう。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)