ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷

有名な心霊屋敷の逸話を映画化

原題:Winchester
製作:オーストラリア・アメリカ(2018年)
日本公開日:2018年
上映時間:99分
製作会社:Bullitt Entertainment
配給:REGENTS
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
マイケル&ピーター・スピエリッグ監督がオスカー女優ヘレン・ミレンを主演に迎え、カリフォルニア州に現存する幽霊屋敷「ウィンチェスター・ミステリーハウス」にまつわる実話を映画化したホラー。娘と夫を突然の病気で相次いで亡くしたサラ・ウィンチェスターは、一族の財を築いたウィンチェスター銃によって命を落とした大勢の人々の亡霊から逃れるため、莫大な財産を注ぎ込んで妄信的に屋敷の増改築を繰り返していた。彼女の精神鑑定のために屋敷を訪れた精神科医エリックは、屋敷内に厳重に閉じられた禍々しい部屋の存在を発見する。そして、妄信ではない異常な事態に遭遇することになる。

【スタッフ】
監督:マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ
脚本:トム・ボーン、マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ
撮影:ベン・ノット
音楽:ピーター・スピエリッグ

【キャスト(キャラクター)】
ヘレン・ミレン(サラ・ウィンチェスター)、ジェイソン・クラーク(エリック・プライス)、サラ・スヌーク(マリアン・マリオット)、アンガス・サンプソン(ジョン・ハンセン)、ローラ・ブレント(ルビー)、タイラー・コッパン(アーサー・ゲイツ)、ソー・カールソン(カウボーイ)

【動画】

WINCHESTER – Official Trailer – HD (Helen Mirren, Jason Clarke)

WINCHESTER - Official Trailer - HD (Helen Mirren, Jason Clarke)

(C)2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
XMovies8


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
劇場公開中の新作映画を無料で見るなら U-NEXT がオススメ!
もれなく映画館で映画1本を無料鑑賞できます。毎月もらえるポイントで割引クーポンをゲットしよう。

劇場公開中の新作映画を安く見るなら ムビチケ がオススメ!
最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう!

▼作品をより深く知る▼

【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
5.4/10 13% 28
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月10日) star_5
「デイブレイカー」「プリデスティネーション」「ジグソウ:ソウ・レガシー」と続くスピエリッグ兄弟の最新作はあの有名な建物を題材にしたホラー。この監督はすっかりホラーづいており、今やアメリカ映画界で勢いのあるジャンルに乗っているという意味では時代の流れをつかむセンスはある。この監督兄弟自体も一卵性双生児で、ちょっとホラーっぽいし。いや、それはあまり関係がないか。恐怖映画好きはとりあえず押さえておくにこしたことはない。
映画FUN (2016年1月11日) star_5
題材となっているウィンチェスター・ミステリー・ハウス。知っている人間にとっては超有名な建物。アメリカ合衆国のカリフォルニア州サンノゼにある屋敷の名称で、いってしまえば幽霊屋敷である。その昔、銃のビジネスで成功を収めた実業家ウィリアム・ワート・ウィンチェスターの未亡人であるサラ・ウィンチェスターの個人的な住宅だったもの。それ以上の詳細はネットで検索すればいくらでもでてくるので映画鑑賞と同時に調べると良いだろう。
SPACEMOV (2016年1月12日) star_5
ホラーの鉄板である屋敷もの。そして実話。面白くなる素材はじゅうぶんに揃っている。しかも、配役も昨今のアメリカのホラー映画ではなかなかない渋いメンツ。結果、出来上がったものは他の作品とは少し雰囲気の異なるものだった。美術のセンスが素晴らしく、実在の建物も観光地になるほど、外から見る分には綺麗なのだが、今作でもそれは再現していた。こういうタイプのホラー作品が好きな人はぜひチェックしておくのがオススメである。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする