五次元世界のぼうけん/A Wrinkle In Time

未知の世界へ飛び込め

原題:A Wrinkle In Time
製作:アメリカ(2018年)
日本未公開:
上映時間:109分
製作会社:Walt Disney Pictures
配給:
製作費:1億ドル
興行収入:

★【あらすじ】
マデレイン・レングルによるSFファンタジー小説で、2003年にはディズニーによりTV映画化されたこともある原作を、キャストを一新して再映画化。メグマーリーは物理学者の父親アレックスと生物学者の母親ケイトを持つ学者一家の娘だった。ある日、物理学者の父は空間のもつれに関する研究を行っていた時に突如、行方不明となってしまう。この行方不明に対してメグはショックを受け、裏に何かがあるのではないかと考え始める。そしてメグは弟であり、人の考えていることを読む力を持つチャールズと友人のカルヴィンの3人で調査を開始する。そんな中メグたちの前に謎の女性ら3人が現れて別の惑星に飛ばしてしまう。

★【スタッフ】
監督:エバ・デュバーネイ(関連作品:『13th 憲法修正第13条』)
脚本:ジェニファー・リー
撮影:トビアス・シュリッスラー
音楽:ラミン・ジャワディ

★【キャスト】
オプラ・ウィンフリー、リース・ウィザースプーン、ミンディ・カリング、ストーム・リード、ザック・ガリフィアナキス、クリス・パイン、ググ・バサ=ロー、マイケル・ペーニャ、リーヴァイ・ミラー、オプラ・ウィンフリー、ストーム・リード、アンドレ・ホランド

【無料動画】

A Wrinkle in Time Official US Trailer

A Wrinkle in Time Official US Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【FMovies


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
[Q&A] お困りですか?
動画が停止する…画質が悪い…字幕や吹き替えがない…広告がウザい…リンクが切れる…。そんなときは VOD(動画配信サービス)がオススメ! 安心安全に映画をインターネットで視聴! しかもお試し期間の活用で無料です。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
4.2/10 40% 53
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年3月16日) 
原作そのものが日本ではあまりにも無名だし、ほとんど知名度はないに等しいため、さすがのディズニーでも日本公開はためらうのではないかと不安になってくる一作。中身もファンタジーというよりはSFで、肝心の物語もその解釈がかなり難しかったりと、安易な子ども向けとは思えない感じ。つまり、コアなSFファンが手を出すぐらいの一品なのです。こういうSFが好きな人は、ぜひ鑑賞を検討して、チェックしてみるのも良いと思います。
映画フリー (2018年3月17日) 
国際児童文学賞全集の一巻にあった作品で、原作を読んだ人はあまりいないでしょう。原作の時点で邦題はいかにもファンタジーアドベンチャーのような雰囲気を醸し出していますが、そうはなっていません。原題は「時間にしわを寄せる」といった意味なので、時空間に皺を寄せて一瞬に移動するいわゆる「ワープ」を指していると思えばいいでしょう。今のディズニーもこんな挑戦的な題材を選ぶのは、ただのネタ切れなのかもしれませんが。
OPENLOAD (2018年3月18日) 
ロー・ファンタジーな世界観で、何も考えず楽しめる子どもは問題ないかもしれませんが、よくある大作ファンタジーエンターテインメントを期待する大人は少し注意がいるかも。美麗な映像による幻想的もしくは不気味な世界の表現も面白いけど、大人の見どころはキャストかな。個人的にはクリス・パインとマイケル・ペーニャに出会えて良かったです。物語の中にあるメッセージは前向きだし、リッチな映画ではあるので、無価値ではないのだけど。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)