THAT/ザット

“あれ”が見えたら、あなたも終わり?

原題:Bedeviled
製作:アメリカ(2016年)
日本公開日:2018年3月(DVDスルー)
上映時間:99分
製作会社:Circle 18
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
謎のアプリの招待状が恐怖を巻き起こす、トラウマ必須のショッキング・ホラー。親友のニッキが原因不明の突然死を遂げたアリスは、ニッキの恋人コーディや同級生たちと悲しみに暮れていた。ニッキは死ぬ数日前から様子がおかしかったという。高校卒業を間近に控え、それぞれの進路に向かい日々を過ごす中、死んだはずのニッキの携帯から皆にアプリの招待状が届く。そのナビAIアプリ「ビー・デビル」は、アリスたちの哀しい心の隙間を埋めてくれた。しかし、アプリは次第に暴走しはじめ、それと同時にアリスたちの前に得体の知れない何者かが現れるようになる。一人、また一人と消えていく同級生たち。アリスはコーディと共に、ニッキにアプリを招待した者を探すが…。

★【スタッフ】
監督:アベル・ヴァン、バーリー・ヴァン
脚本:アベル・ヴァン、バーリー・ヴァン
撮影:ジミー・ジュン・ルー
音楽:デヴィッド・C・ウィリアムズ

★【キャスト】
サクソン・シャービノ、ボニー・モーガン、ブランドン・スー・フー、ヴィクトリー・ヴァン・タイル、アレクシス・G・ザル、ミッチェル・エドワーズ

【無料動画】

ザット

ザット


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【XMovies8


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
[Q&A] お困りですか?
動画が停止する…画質が悪い…字幕や吹き替えがない…広告がウザい…リンクが切れる…。そんなときは VOD(動画配信サービス)がオススメ! 安心安全に映画をインターネットで視聴! しかもお試し期間の活用で無料です。
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
4.4/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 2.7/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
D(珍作・迷作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年3月14日) 
この作品はネタ映画ですという雰囲気を一切隠していないのが清々しい。これで公式だというから驚き。その”招待状”が届いたら”あれ”が来るというベタなキャッチコピーどおりなのですが、そのオチも含めて、なんじゃそりゃ~!とすっころぶことは保証できます。オリジナルは別にあの某有名ホラーとは関係ないのですが、それをここまでまるで最初から似ているかのようにアレンジという名の改稿する才能は逆に凄いのではないでしょうか。
映画FUN (2018年3月15日) 
パッケージからは想像もつきませんが、ホラーなアプリが題材になっているわりと現代的な作品です。というか、あの女の子はでてきただろうか。主役たちも高校生。ティーンらしいSNSのトラブルとか、個人情報の漏洩とかを描きつつ、ネットって怖いよねということを伝えたいという、アホな教育委員会が考えそうな思いつきでしかないのですけど、そんなことを気にしたら負け。死んでも生きてもどっちでもいい奴らしかいないので気楽なものですよ。
OPENLOAD (2018年3月16日) 
邦題に不覚にも笑ってしまった。私のような人はバツとして視聴すべきです。「それ」も「あれ」も同じだろうに、こうも堂々としていると凄い正しい気がしてくる。「百パー駄作」だの言われているようですが、そんなの見るまでわからないじゃないですか。映画を鑑賞する前に偏見で断定するのは良くないですよ。作品は作った人の愛と誇りが詰まっているし、そんな作品で見るに堪えない映像を世間にさらすわけないじゃないですか。信じましょう、ね。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)