デス・ウィッシュ

イーライ・ロス&ブルース・ウィリスのコンビが暴れる!

原題:Death Wish
製作:アメリカ(2018年)
日本公開日:2018年10月19日
上映時間:107分
製作会社:Scott Free Productions
配給:ショウゲート
製作費:
興行収入:

ブライアン・ガーフィールドが1972年に上梓した小説「狼よさらば」を原作に、『グリーン・インフェルノ』のイーライ・ロスが監督を手がけた、悪人を処刑する男を描くサスペンス・アクション。ポール・カージーは穏やかな性格で周囲の人々から愛され、幸せな家庭生活を営んでいた。しかし、自宅に押し入ってきた強盗に妻を残酷に殺害され、娘をレイプされるという壮絶な経験をしてからというもの、彼の生活と人格は一変した。ポールは拳銃を片手に夜の都会を徘徊し、自らの手で悪人を処刑するようになっていた。自分と家族の平穏を滅茶苦茶にした悪党と遭遇する日を信じて…。

★【スタッフ】
監督:イーライ・ロス(関連作品:『ノック・ノック』)
脚本:ジョー・カーナハン
撮影:ローヒエ・ストファース
音楽:ルートヴィッヒ・ヨーランソン

★【キャスト】
ブルース・ウィリス、ヴィンセント・ドノフリオ、エリザベス・シュー、ディーン・ノリス、キンバリー・エリス、マイク・エップス、カミラ・モローネ、ロニー・ジーン・ブレヴィンス、ボー・ナップ

【無料動画】

Death Wish | Official Trailer #2 🎥🎞 | MGM

Death Wish | Official Trailer #2 🎥🎞 | MGM


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
6.6/10 17% 32
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年3月13日) 
ブルースウィルスのアクション映画なんて、またかよ…と思った、そこのあなた。この映画は一味違う! なぜなら監督はあのジャンル映画を任せれば期待に応えてくれるイーライ・ロスですから。今まで、子どもが見るも無残に酷い目に遭う作品や、人が食人族にあっけなく無残に食べられる作品、家に侵入してきた若い女に無残に暴行される作品など、ひたすら残酷理不尽映画を作りまくってきた男。一部のマニアックな映画ファンに期待するにも当然です。
●映画フリー (2018年3月14日) 
イーライ・ロス監督がメガホンをとっているだけあって、いろいろとエグイ。ちゃんと需要をわかってくれています。家族を殺された男が復讐するというベタな話なのに、監督の作家性が出るとこうも変わっていくものなのかと思いながら、やはりたまにはこういうグチャグチャな映画もないと寂しいよねという思いをあらたにしました。イーライ・ロスにしては物凄く健全なアクションムービーなので、これでもまだ物足りないぜ!という人はいるかもだけど。
●OPENLOAD (2018年3月15日) 
海外の映画批評サイトの評価が異常に低いと思ったら、なんだ監督はイーライ・ロスか。じゃあ、普通だな。それでも一般スコアが高いのは結構珍しいかもしれない。やっぱり見た目は普通のアクション映画になっているのが功を奏したのだろうか。話はシンプルで「Death Wish」のとおり死を願いながら、ひたすら処刑、殺害、処刑、殺害の繰り返し。なので単純に気軽にダラダラと楽しいし、ブルースウィルスのキル・シーン集を眺めている気分です。