北の桜守

親子の旅の果て、衝撃の最終章

原題:北の桜守
製作:日本(2018年)
日本公開日:2018年3月10日
上映時間:126分
製作会社:
配給:東映
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
『北の零年』『北のカナリアたち』に続く「北の三部作」の最終章に位置付けられるヒューマンドラマ。戦中から戦後にかけて極寒の北海道で懸命に生き抜いた母と子の約30年にわたる軌跡を、ケラリーノ・サンドロヴィッチが演出を担当した舞台パートを交えながら描く。1945年、樺太で家族とたくましく暮らしていた日本人女性・江蓮てつは、ソ連軍の侵攻によって住み慣れた土地を追われてしまう。夫が出征し、息子を連れて北海道の網走に到着した彼女は、過酷な環境や貧しさと向き合いながら息子を必死に育て上げる。71年、てつの息子・修二郎はビジネスで成功を収め、15年ぶりに育った地元の網走を訪れる。たったひとりで夫を待ち続け、慎ましい生活を重ねるなかで年老いた母の姿を見た修二郎は、母を引き取って札幌で一緒に暮らそうと判断するが…。

★【スタッフ】
監督:滝田洋二郎(関連作品:『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』)
脚本:那須真知子
撮影:浜田毅
音楽:小椋佳、星勝、海田庄吾

★【キャスト(キャラクター)】
吉永小百合(江蓮てつ)、堺雅人(江蓮修二郎)、篠原涼子(江蓮真理)、岸部一(徳山岡和夫)、高島礼子(島田光江)、永島敏行(三田医師)、安田顕(杉本久)、野間口(徹木村学)、毎熊克哉(岩木)、笑福亭鶴瓶(居酒屋たぬきの主人)、中村雅俊(岡部大吉)、阿部寛(江蓮徳次郎)、佐藤浩市(菅原信治)

【無料動画】

映画『北の桜守』 本予告

映画『北の桜守』 本予告

(C)2018「北の桜守」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【toremaga(動画)】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
●劇場公開中の新作映画を無料で見るなら U-NEXT がオススメ!
もれなく映画館で映画1本を無料鑑賞できます。毎月もらえるポイントで割引クーポンをゲットしよう。

●劇場公開中の新作映画を安く見るなら ムビチケ がオススメ!
最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう!

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.5/5.0 3.73/5.00 3.6/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
吉永小百合「撮影の1年以上前に、映画の舞台であるサハリン(旧樺太)を訪れました。ぜひ、わたしの演じる江蓮てつが生まれ育った場所、家族で暮らしていた所を見ておきたいなと」

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年3月12日) star_5
日本を代表する大物女優であり、「母べえ」や「母と暮らせば」といった名作にも近年も出演し、サユリストから絶大な支持を得続けている吉永小百合の120作目となる映画出演作。さすがにこの女優を知らないのは邦画素人ですが、彼女の演技力の高さを知っている人でもこの映画ではやはり驚くばかり。近作でも年齢的に完全に母親としての役をものにしているが、人生を本当に背負ったような役作りでは右に出る者はいない。名演に震えました。
BILIBILI (2018年3月13日) star_5
母と息子のロードムービーで、壮大な物語が展開されるだけでなく、舞台演出もあるという変わり種。そのビジュアルから古臭い作品だと印象を持っている人もいるでしょうが、実はものすごい実験作なのです。久しぶりに映画に泣かされましたし、観て良かったと実感できる大作でした。3部作でありながら、その作品群にはおさまりきれない人生をヒシヒシと感じ取り、語られぬ余白は観ている人が埋めたらいいのだと思います。エンディングも見事です。
PARAVI (2018年3月14日) star_5
吉永小百合さんと阿部寛さんの夫婦役には無理があったものの、それ以外は完璧。現在72歳の女優のオーラは凄まじく、作品の主軸として機能し、あらゆる中心で支配している。事務所のバックアップで主演させてもらっている役者は若い人では多くいるが、自分の力だけで映画を己の者にしてしまうパワーを持った俳優はベテランの中でも数多くはいない。しかも、今作ではミュージカル風な演出にも挑戦して、新しい道を開拓している。凄すぎる。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)