ヒューマン・ハンター

ヒューマン・ハンター

ニコラス・ケイジ主演、人間狩りの時間だ

原題:The Humanity Bureau
製作:カナダ(2017年)
日本公開日:2018年3月3日
上映時間:95分
製作会社:Minds Eye Entertainment
配給:アルバトロス・フィルム
製作費:
興行収入:

近未来の管理社会で人間を狩る「ヒューマン・ハンター」の男が、ある理由から反体制の道へと進む姿を、ニコラス・ケイジ主演で描いたSFサスペンスアクション。西暦2030年、資源の枯渇や食糧危機で世界の文明が崩壊。アメリカは国境を閉鎖し、「人民省」を設立して国民を管理するようになっていた。政府が指定する排除対象者を収容地区に強制移住させる任務を任されている「ヒューマン・ハンター」のノア・クロスは、ある時、レイチェルという女性とその息子ルーカスを追跡する任務に就く。しかし、何の罪もない彼女たちとの接触を通じて、しだいにノアの中に変化の兆しが芽生える。ついに政府の命令に背くことを心に決めたノアは、2人を逃がすために追手と戦いながらカナダとの国境を目指して行動する。

★【スタッフ】
監督:ロブ・キング
脚本:デイブ・シュルツ
撮影:マーク・ドブレスク
音楽:トッド・ブライアントン

★【キャスト】
ニコラス・ケイジ、サラ・リンド、ヒュー・ディロン、ジェイコブ・デイビス、ビセラス・シャノン、カート・マックス・ルンテ、ローン・カーディナル

【無料動画】

「ヒューマン・ハンター」予告編

「ヒューマン・ハンター」予告編

(C)2017 HUMANITY PRODUCTIONS INC. HUMANITY WEST PRODUCTIONS INC.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
6.7/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年2月28日) 
ニコラス・ケイジが主演だとなぜデカデカと「ニコラス・ケイジ」とポスターに書くのだろうか。それはこの俳優にネームバリューがあり、客を呼べると考えているからだ。しかし、彼の主演作はムラが激しい。良い作品もあるのだが、悪い作品はとことん悪い。全ての出演作品が駄作のように語られがちだが、それは偏見だし、面白いものもある。ではこの映画はどうなのか。設定自体はありきたりなハント系だが、演技としては非常に存在感は見られた。
映画FUN (2018年3月1日) 
ディストピアとしては手垢のついた世界観。人民省という政府が人口をコントロールする時代。この手のSFが好きな人は楽しめるだろう。いわゆるハードボイルドな展開といい、某大作SFを思わせるが、人間を狩る人間が特殊だ。それはニコラスケイジだということである。もうこの時点でいろいろトラブルを起こしそうである。だって、この男、そういう顔をしているのだから。ある理由から反体制の道へと進んでいくシナリオよりも俳優目当てで観るべき。
SPACEMOV (2018年3月2日) 
人間狩りとかイマドキSFじゃあ、何千回と見てきたよ!と思うかもしれませんが、今の現代、アメリカ大統領がリアルで人間狩りをしそうな勢いなので、現実が映画に追い付いてきましたね。そう考えると、この映画のストーリーで、カナダの国境に逃げていく展開も、リアル世界と関連させると意味深いものがあります。監督のロブ・キングは以前は「超巨大ハリケーン カテゴリー5」というざっくりした現実問題を意識した題材を選ぶ人なので余計に…。