ブラックパンサー

表の顔は国王、裏の顔はヒーロー

原題:Black Panther
製作:アメリカ(2018年)
日本公開日:2018年3月1日
上映時間:134分
製作会社:Marvel Studios
配給:ディズニー
製作費:2億ドル
興行収入:

★【あらすじ】
アフリカの超文明国ワカンダの若き国王ティ・チャラが、漆黒のスーツと鋭い爪を武器に戦うブラックパンサーとして活躍するヒーロー・アクション。絶大なパワーを秘めた鉱石「ヴィブラニウム」が産出するアフリカの国ワカンダは、その恩恵にあずかり目覚しい発展を遂げてきたが、ヴィブラニウムが悪用されることを防ぐため、代々の国王の下で、世界各国にスパイを配置して秘密を守り通してきた。父のティ・チャカの無念の死去に伴い、新たな王として即位したティ・チャラは、ワカンダの秘密を狙う元秘密工作員の男エリック・キルモンガーが、武器商人のユリシーズ・クロウと組んで暗躍していることを知り、国を守るために動き始めるが…。

★【スタッフ】
監督:ライアン・クーグラー(関連作品:『クリード チャンプを継ぐ男』)
脚本:ライアン・クーグラー、ジョー・ロバート・コール
撮影:レイチェル・モリソン
音楽:ルドウィグ・ゴランソン

★【キャスト(キャラクター)】
チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ/ブラックパンサー)、マイケル・B・ジョーダン(エリック・キルモンガー)、ルピタ・ニョンゴ(ナキア)、ダナイ・グリラ(オコエ)、マーティン・フリーマン(エヴェレット・ロス)、ダニエル・カルーヤ(ウカビ)、レティーシャ・ライト(シュリ)、ウィンストン・デューク(エムバク)、アンジェラ・バセット(ラモンダ)、フォレスト・ウィテカー(ズリ)、アンディ・サーキス(ユリシーズ・クロウ)、ジョン・カニ(ティ・チャカ)、スターリング・K・ブラウン(ウンジョブ)、フローレンス・カスンバ

【無料動画】

マーベル新ヒーロー!『ブラックパンサー』日本版本予告編

マーベル新ヒーロー!『ブラックパンサー』日本版本予告編

Go Behind the Scenes of Black Panther (2018)

Go Behind the Scenes of Black Panther (2018)

(C)Marvel Studios 2017


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【toremaga(動画)】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
●劇場公開中の新作映画を無料で見るなら U-NEXT がオススメ!
もれなく映画館で映画1本を無料鑑賞できます。毎月もらえるポイントで割引クーポンをゲットしよう。

●劇場公開中の新作映画を安く見るなら ムビチケ がオススメ!
最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう!

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
7.7/10 97% 88
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

無料ホームシアター(2018年2月15日) star_5
アクションはカッコよくて、音楽はスタイリッシュで、映像は美しくて、アフリカンのミステリアスな民族文化っぽいのも垣間見れて、良いところ尽くめです。これまでのアメコミ作品と比べてクール度がグッと増しました。ヴィブラニウムという最強物質のおかけで一大発展を遂げたワガンダという国が舞台となり、これまでの身近な欧米ばかりだったフィールドからガラッと変わったのも新鮮。最近のアメコミはな…と思った人でも満足できるはずです。
映画FUN (2018年2月16日) star_5
個人的にはマーベル映画の中でもトップレベルでした。ヒーロー映画として純粋に面白いです。マーベルはどんどん世界観がド派手になっていってそれはそれで楽しいものですが、ついていけない人も一定数出してしまったのも事実。そんな人に朗報です。今作は知識ゼロ状態でも満喫できます。ブラックパンサーはヒーローとして生きるべきかどうかという原点回帰な葛藤もあるので、入りやすいのですよ。初心者も大歓迎の黒猫さんでした。
SPACEMOV (2018年2月17日) star_5
アフリカンパワーに圧倒される一作。ここまで黒人だらけなアメコミ映画がついに現れたかと感慨深いものである。『クリード チャンプを継ぐ男』で見事に批評家を唸らせた若手監督のライアン・クーグラーがやってくれ。これは映画史に残るだろう。MCUとの関連性も薄めで、無意味にユニバースが偉そうに顔を出すこともない。でも「インフィニティウォー」にもつながる要素があるのでファンは大喜び。幅広い観客の需要に応える腕は完璧である。
マーベル

★【マーベル・シネマティック・ユニバース 作品を総復習!】
フェイズ1
・『アイアンマン』(2008年)
・『インクレディブル・ハルク』(2008年)
・『アイアンマン2』(2010年)
・『マイティ・ソー』(2011年)
・『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
・『アベンジャーズ』(2012年)
フェイズ2
・『アイアンマン3』(2013年)
・『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
・『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
・『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
・『アントマン』(2015年)
フェイズ3
・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(2016年)
・『ドクター・ストレンジ』(2016年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(2017年)
・『スパイダーマン ホームカミング』(2017年)
・『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)
・『ブラックパンサー』(2018年)
・『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018年)
・『アントマン&ワスプ』(2018年)

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)