ロープ 戦場の生命線

それは紛争地帯のありふれた一日

原題:A Perfect Day
製作:スペイン(2015年)
日本公開日:2018年2月10日
上映時間:106分
製作会社:
配給:レスペ
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
紛争地帯で人々を救うため奔走する国際援助活動家たちの戦いを、実力派キャスト共演で描いたスペイン製ヒューマンドラマ。1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村の井戸に死体が投げ込まれたことが原因で生活用水が汚染され、国際活動家「国境なき水と衛生管理団」のマンブルゥらが現地に派遣される。しかし死体を引き上げている最中にロープが切れてしまい、代わりのロープを探しに行くことになってしまう。1本のロープを求め、武装集団や地雷の恐怖にさらされる危険地帯へと足を踏み入れるマンブルゥたち。やがて不良にいじめられていた少年ニコラと一緒に彼が住んでいた家を訪れたマンブルゥたちは、そこで衝撃を受ける事実に直面する。

★【スタッフ】
監督:フェルナンド・レオン・デ・アラノア
脚本:フェルナンド・レオン・デ・アラノア
撮影:アレックス・カタラン
音楽:アルナウ・バタレル

★【キャスト(キャラクター)】
ベニチオ・デル・トロ(マンブルゥ)、ティム・ロビンス(ビー)、オルガ・キュリレンコ(カティヤ)、メラニー・ティエリー(ソフィー)、フェジャ・ストゥカン(ダミール)、セルジ・ロペス(ゴヨ)

【無料動画】

「ロープ/戦場の生命線」予告編

「ロープ/戦場の生命線」予告編

(C)2015, REPOSADO PRODUCCIONES S.L., MEDIAPRODUCCION S.L.U.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【XMovies8


映画動画紹介ブログ村

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。
[Q&A] お困りですか?
動画が停止する…画質が悪い…字幕や吹き替えがない…広告がウザい…リンクが切れる…。そんなときは VOD(動画配信サービス)がオススメ! 安心安全に映画をインターネットで視聴! しかもお試し期間の活用で無料です。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
6.8/10 73% 60
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.9/5.0 3.83/5.00 3.8/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
100% 75点 77.6点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第30回ゴヤ賞で最優秀脚色賞を受賞。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年2月10日) 
邦題で誤解を拡大しているような作品であり、それで避けている人がいるなら少し待ってほしい。まずこの映画はサスペンスではない。紛争地地帯で命をかけた活動が徒労に終わる虚しさの連続という日常の中で、それでも必死に活動する人間たちを、ときにユーモアも交えながら伝えていく物語である。原題の「A Perfect Day」という言葉が一番しっくりくる。会話のセンスと音楽のセンスが噛み合うことで何とも言えないバランスになっているのだ。
●映画FUN (2018年2月11日) 
井戸から死体を引き揚げるためのロープを探し求める間に起きるいくつかの話を繋いだもので、ちょっと意外な印象を残す映画だった。退屈という意見も聞かれるが、それはこの映画にハラハラを求めているからかもしれない。紛争地帯と聞くと私たち外部の人間はどうしても緊迫感のある世界なのだろうと勝手に妄想してしまう。でも、現実はかなり退屈で地味なのだろう。でも地雷を避けたりするのが日常となったこの退屈さは実は怖いのである。
●STREAMIN (2018年2月12日) 
オープニングがインパクト大なのでともかく必ず見てほしいです。停戦直後のバルカン半島を舞台に、建前ばかりの国連を尻目にしながら、現地の市民を支援するために奮闘する国際援助活動家たちの姿を超がつくほどの豪華キャストの共演で描いたスペイン製戦場ブラック・コメディ。この紹介からは想像もつかない雰囲気が展開されます。役者のやっていることが驚きで、オルガ・キュリレンコはそんなことしていいのかと心配になります。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)