ホース・ソルジャー

クリス・ヘムズワース主演、対タリバンの実録戦争アクション

原題:12 Strong
製作:アメリカ(2018年)
日本公開日:2018年5月4日
上映時間:129分
製作会社:Alcon Entertainment
配給:ギャガ
製作費:3500万ドル
興行収入:

★【あらすじ】
クリス・ヘムズワース主演による、911テロの報復としてアフガニスタンに送り込まれたアメリカ軍の特殊部隊を描いた実録戦争アクション。世界貿易センタービルに旅客機が衝突して世界を震撼させた911テロ事件。この衝撃の直後、アメリカ政府はすぐに報復措置に動き、密かにアフガニスタンにCIA独自の軍事組織と特殊部隊の志願兵らを送り込んだ。目標はテロの首謀者と言われるタリバン。しかし、そこは車も走行できない山岳地帯。部隊は馬にまたがり、戦いに繰り出す。

★【スタッフ】
監督:ニコライ・フグルシグ
脚本:ピーター・クレイグ
撮影:ラスムス・ヴィデベック
音楽:ローン・バルフェ

★【キャスト】
クリス・ヘムズワース、マイケル・シャノン、マイケル・ペーニャ、オースティン・ストウェル、トレバンテ・ローズ、ジェフ・スタルツ、サッド・ラッキンビル、ロブ・リグル、ウィリアム・フィクトナー、エルザ・パタキー

【無料動画】

5/4より絶賛公開中『ホース・ソルジャー』予告編

5/4より絶賛公開中『ホース・ソルジャー』予告編

(C)2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【FMovies


映画動画紹介ブログ村

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。
[Q&A] お困りですか?
動画が停止する…画質が悪い…字幕や吹き替えがない…広告がウザい…リンクが切れる…。そんなときは VOD(動画配信サービス)がオススメ! 安心安全に映画をインターネットで視聴! しかもお試し期間の活用で無料です。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
7.0/10 54% 54
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【雑学(トリビア)】 

〔機密作戦を初めて明かしたノンフィクション小説を映画化〕
2001年9月11日の直後、アフガニスタンでの危険な秘密任務へと向かった12人の勇敢な米陸軍特殊部隊の隊員(グリーンベレー)の驚くべき実話は、作家ダグ・スタントンが2009年に出版したベストセラー「ホース・ソルジャー」(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)によって初めて世に知られた。出版前に読んで既に映画化を決めていたプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーは、「陸軍特殊部隊の任務は機密で、功績を公表することもまれなので、貴重な映画になると思った」と振り返る。

〔主人公の二人のモデルになった兵士たちの協力〕
製作総指揮に加わった原作者のスタントンは、人物のモデルとなった、マーク・ヌッチェ大尉と副指揮官のボブ・ペニントン准尉をスタッフとキャストに紹介した。ペニントンは当時の気持ちを、「戦いの先頭に立ったことは今も誇りに思う。最高の瞬間だったね。最も重要な任務を与えられて、“さあ、行こう!”となったんだ」と思い起こす。ヌッチェは、「私たちの任務が映画化されたことは、とても光栄だ。アフガニスタンの人々の働きも描いているので、彼らにとっても大きな意味を持つと思うね」と語る。

〔本物の兵士に見えるための軍事訓練と乗馬特訓〕
撮影前に、俳優陣はベテラン軍隊アドバイザー、ハリー・ハンフリーズの指導を受けた。元米海軍特殊部隊Navy SEALsのハンフリーズは、『ブラックホーク・ダウン』など10本以上の作品に携わり、ブラッカイマーとは旧知の仲だ。「教室でのセッションでは、まず軍隊用語を教えた。そして、特殊部隊の構造、安全に武器を扱うための基本、特にここではM4について詳しく説明した。弾倉の交換、武器の操作、故障時の対処など繰り返し訓練したね。それから実地訓練に移った。」

引用:公式サイト

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年1月31日) 
肉体派俳優クリス・ヘムズワースはここ近年だと雷を操るヒーローであったり、ゴーストをバスターする人たちのサポートに回ったりと、若干のオツムに心配の残るキャラクターばかりを演じていた印象が強いですが、こんな映画にもちゃっかり主演までしていたとは。こちらはおバカなユーモアはなし。がっつり戦争という過酷な環境で頑張っています。久しぶりに真面目なクリス・ヘムズワースを見たいなら、本作は非常にぴったりな一作でしょう。
●OPENLOAD (2018年2月1日) 
「Horse Soldiers」というノンフィクションの映画化であり、その名のとおり、馬にまたがってタリバンを掃討するアメリカ特殊部隊を描いた一作である。陸軍特殊部隊(グリーンベレー)と空軍所属のAFSOC(米国空軍特殊作戦司令部隊)の混合チームらしく、こんな組織があったのかと驚き。戦争超大作というほどの規模ではないので、ドンパチには大きく期待するべきではないが、かなり派手な場面もあるので普通に戦争映画好きはチェックすべきです。
●SPACEMOV (2018年2月2日) 
映画の正式なタイトルは「12 Strong: The Declassified True Story of the Horse Soldiers」みたいです。こういう少しマイナーっぽい扱いとなっている実録戦争作は毎年1本はありますね。監督は聞いたことがない人ですが、戦闘シーンや爆破シーンなどの迫力やリアルさは戦争映画として申し分ないレベル。ホース・ソルジャーと言うべき、馬に乗って山岳を駆け抜ける姿はカッコいいし、なにより主演はあのクリス・ヘムズワース。ジャーナリストのダグ・スタントンが書いたノンフィクションが原作なので、きっと結構リアルな出来事になっているはず。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)