ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

スピルバーグが名優二人を迎えて放つ社会派ドラマ

原題:The Post
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2018年3月30日
上映時間:116分
製作会社:DreamWorks Pictures
配給:東宝東和
製作費:5000万ドル
興行収入:

巨匠スティーブン・スピルバーグ監督のもとで、メリル・ストリープとトム・ハンクスという2大オスカー俳優が初共演を果たした社会派ドラマ。ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年、政府がひた隠す真実を明らかにすべく立ち上がった実在の人物たちを描いた。71年、ベトナム戦争を分析・記録した国防省の最高機密文書=通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在を、ニューヨーク・タイムズがスクープする。しかし、それを政府は快くは思わなかった。ライバル紙でもあるワシントン・ポスト紙の発行人キャサリン・グラハムは、部下で編集主幹のベン・ブラッドリーらとともに、報道の自由を統制し、記事を差し止めようとする政府と戦うため、ニューヨーク・タイムズと時に争いながら連携し真実を世に出すべく奮闘する。

★【スタッフ】
監督:スティーブン・スピルバーグ(関連作品:『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』)
脚本:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★【キャスト】
メリル・ストリープ、トム・ハンクス、サラ・ポールソン、ボブ・オデンカーク、トレイシー・レッツ、ブラッドリー・ウィットフォード、ブルース・グリーンウッド、マシュー・リス

【無料動画】

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』予告編

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』予告編

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
7.5/10 88% 83
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第75回 ゴールデングローブ賞のドラマ部門で最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀作曲賞にノミネート。

★【感想・批評】

映画FUN (2018年1月17日) 
『ブリッジ・オブ・スパイ』に続き、スティーブン・スピルバーグはまたもややってくれた。シリアスな社会派ドラマに関しては外れがない。むしろどんどんクオリティアップしているくらいだ。ほんとにこの巨匠は恐ろしい。テンポも良く飽きさせず見てる人を盛り上げる演出はさすが。終盤、重大な決断をするシーンでは、観客から拍手と歓声が沸き起こったくらい、全観客を感動の渦に叩き込む素晴らしい名作だった。ちょっと笑える場面もある愛嬌も。
OPENLOAD (2018年1月18日) 
トム・ハンクスとメリル・ストリープという誰もが認める(トランプは認めてないけど)名俳優を揃えれば面白くないわけがない。しかも、監督はスピルバーグ。完璧すぎる布陣に震えてきますが、だからといってお堅い偉そうなお話になっているわけではないのがまた見事なんです。ちゃんとユーモアもわかっていて、ふざける部分は笑いを取る。そして、カタルシスのある展開を最後に用意して一気に盛りあげるこの鮮やかさ。有無を言わせない傑作です。
STREAMANGO (2018年2月24日) 
自分にとって気に入らないマスメディアを「マスゴミ」や「フェイクニュース」などといってレッテル貼りに勤しむ人たちもいる昨今。では、本当に必要とされる「マスメディア」とは何なのか。この問いに答える映画が「ペンタゴン・ペーパーズ」である。メディアの本質は大衆のための情報を提供すること。その大衆とは権力者ではないし、権力者を指示する人でもない。社会の弱者なのだ。スピルバーグのそんなメッセージが強く突き刺さる一作だ。
スピルバーグ

★【スティーヴン・スピルバーグ監督作 を総復習!】

  • 『激突!』(1971年)
  • 『続・激突! カージャック』(1974年)
  • 『ジョーズ』(1975年)
  • 『未知との遭遇』(1977年)
  • 『1941』(1979年)
  • 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)
  • 『E.T.』(1982年)
  • 『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1983年)
  • 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)
  • 『カラー・パープル』(1985年)
  • 『太陽の帝国』(1987年)
  • 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)
  • 『オールウェイズ』(1989年)
  • 『フック』(1991年)
  • 『ジュラシック・パーク』(1993年)
  • 『シンドラーのリスト』(1993年)
  • 『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(1997年)
  • 『アミスタッド』(1997年)
  • 『プライベート・ライアン』(1998年)
  • 『A.I.』(2001年)
  • 『マイノリティ・リポート』(2002年)
  • 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002年)
  • 『ターミナル』(2004年)
  • 『宇宙戦争』(2005年)
  • 『ミュンヘン』(2005年)
  • 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)
  • 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(2011年)
  • 『戦火の馬』(2011年)
  • 『リンカーン』(2012年)
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年)
  • 『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016年)
  • 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017年)
  • 『レディ・プレイヤー1』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする