シェイプ・オブ・ウォーター

シェイプ・オブ・ウォーター

ギレルモ・デル・トロが描く愛の形

原題:The Shape of Water
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2018年3月1日
上映時間:124分
製作会社:Double Dare You Productions
配給:20世紀フォックス
製作費:1900万ドル
興行収入:

ギレルモ・デル・トロが監督・脚本・製作を手がけ、2017年の第74回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したファンタジーラブストーリー。1962年、冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザは、研究所内に密かに運び込まれた不思議な生き物を目撃する。イライザはアマゾンで神のように崇拝されていたというその奇妙な“彼”にすっかり心を奪われ、こっそり会いに行くようになる。幼少期のトラウマが原因で声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は不要で、2人は少しずつ心を通わせていく。そんな矢先、イライザは“彼”が実験の犠牲になることを知る。

★【スタッフ】
監督:ギレルモ・デル・トロ(関連作品:『クリムゾン・ピーク』)
脚本:ギレルモ・デル・トロ、バネッサ・テイラー
撮影:ダン・ローストセン
音楽:アレクサンドル・デプラ

★【キャスト(キャラクター)】
サリー・ホーキンス(イライザ)、マイケル・シャノン(ストリックランド)、リチャード・ジェンキンス(ジャイルズ)、ダグ・ジョーンズ(不思議な生きもの)、マイケル・スタールバーグ(ホフステトラー博士)、オクタビア・スペンサー(ゼルダ)、デビッド・ヒューレット、ニック・サーシー、ナイジェル・ベネット、ローレン・リー・スミス、マーティン・ローチ、モーガン・ケリー

【無料動画】

『シェイプ・オブ・ウォーター』日本版予告編(アカデミー賞®受賞!)

『シェイプ・オブ・ウォーター』日本版予告編(アカデミー賞®受賞!)

(C)2017 Twentieth Century Fox


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
8.2/10 93% 86
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 4.1/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
81% 77点 80.1点
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター(2018年1月7日) 
ギレルモ・デル・トロがまたもやとんでもない怪作を生み出してくれた。まったくこの人の想像力はどうなっているのだろうか。感嘆するばかりである。内容は一言で説明しづらい。異種間交流であり、恋愛スリラーであり、大人のファンタジー。とても多面的な要素を兼ね備えている。明らかにエンタメ的な受けやすいラブストーリーではないのは確か。日本のようなティーン向けラブコメが氾濫する業界では異色でしかない。しかし、そこが最高にいいのだ。
●映画FUN (2018年1月8日) 
現在では異なる人種や宗教間の恋愛、はたまたLGBTのような性別の枠を超えた恋愛を題材にするのが目立ってきている。そんな時代で、ギレルモ・デル・トロが挑戦したのは、さらに一歩先に進んでいた。人が恋するのは人ですらない存在だった。この二人に愛は成り立つのか。こんな設定は間違いなく、ギレルモ・デル・トロにしかできない。レトロかつファンタジーな雰囲気は健在で、今作ではそこにエロスや風刺さえも盛り込む。まさに天才の技だろう。
●SPACEMOV (2018年1月8日) 
究極のラブストーリーという形容がこの映画にはぴったりとくる。愛するに必要なものとは何かを予想外のアプローチで考えさせられます。そして、ハッとする感動的なラストシーンに思わず感涙してしまいました。映像はとても工夫されていて今まで見たことがないような美しさを放つ。そしてサリーホーキンスの演技は素晴らしく不思議にエロチックなのがなんともいえない。この深遠な世界に身を委ねれば、自分も愛について理解できる気がしてくる。
●STREAMIN (2018年1月8日) 
宇宙人とか怪物とかを対象にした恋する物語はあったけど、これはその似た作品とはどれも違う、圧倒的な個性があると思います。この映画が賞を総なめにしていくのは当然でしょう。エロティシズムもバイオレンスもグロデスクも、全てを内包したこのロマンスは一筋縄ではいかない映画ですが、凄いものを見たという感覚だけは残ります。大事なのは、究極の愛というよりは普遍的な愛を描いていると私は思いますし、決して変な作品ではないのでしょう。

★【おすすめの関連作】
・『大アマゾンの半魚人