フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

批評家大絶賛! 貧困層の日常を6歳の少女の視点から描く

原題:The Florida Project
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2018年5月12日
上映時間:109分
製作会社:Cre Film
配給:クロックワークス
製作費:200万ドル
興行収入:

★【あらすじ】
2008年に発生したサブプライム住宅ローン危機の余波に苦しむ貧困層の人々のありのままの姿を6歳の主人公の視点から描き出したドラマ。フロリダ州のキシミー。6歳になるムーニーは母親のハリーと一緒にマジック・キャッスルというモーテルに滞在して暮らしていた。ムーニーは友人のスコッティやディッキーと一緒に外で遊び、3人は観光地や地元の商店などを訪れながら日々を過ごしていた。そんなある日、フューチャー・ワールドで遭遇した出来事が原因で、ディッキーは父親から2人と外出するなと言われてしまう。ディッキーと遊べなくなったことを残念に思った2人だったが、ジャンシーを新たな遊び仲間に加え…。

★【スタッフ】
監督:ショーン・ベイカー(関連作品:『タンジェリン』)
脚本:ショーン・ベイカー、クリス・バーゴッチ
撮影:アレクシス・サベ
音楽:ローン・バルフェ

★【キャスト】
ブルックリン・プライス、ウィレム・デフォー、ブリア・ヴィナイテ、ヴァレリア・コット、クリストファー・リヴェラ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、メイコン・ブレア

【無料動画】

The Florida Project | Official Trailer HD | A24

The Florida Project | Official Trailer HD | A24

(C)2017 Florida Project 2016, LLC.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Xmovies8


映画動画紹介ブログ村

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。
[Q&A] お困りですか?
動画が停止する…画質が悪い…字幕や吹き替えがない…広告がウザい…リンクが切れる…。そんなときは VOD(動画配信サービス)がオススメ! 安心安全に映画をインターネットで視聴! しかもお試し期間の活用で無料です。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
8.0/10 95% 92
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評動画・映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画FUN (2017年12月29日) 
舞台は日本でも有名なディズニーランドのあるフロリダ。でも、この映画の舞台は、ディズニーランドの近郊にある安モーテルで、物語の主役は、そこで生活をするホームレスの母子。その日暮らしで負のスパイラルに陥る困窮の生活と「夢の国」をコントラストさせることで、今のアメリカ社会の夢と現実を表現している。しかも、その視点は子どものものというのも、夢と現実の狭間で行き来する存在としての意味がある。良く練られた一作といえるだろう。
OPENLOAD (2017年12月30日) 
監督のショーン・ベイカーは実に良い仕事をする。前作をiPhoneで撮影したことで有名で、この映画も生活の日常をテクニカルに映し出していて、カメラアングルも工夫されている。テーマが貧窮に苦しむ母子家庭なのだが、映画自体はとても明るくて楽しい。これも前作と同様だ。子供は困窮の中でも健気に振る舞うことができる。しかし、それは無知だからであり、いつかリアルな障害にぶつかる。それでもこの映画はただ優しくそれを見守るだけなのだ。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)