スカイライン 奪還

スカイライン 奪還

征服を乗り越えて未来を掴むために戦え

原題:Beyond Skyline
製作:アメリカ・イギリス・インドネシア・カナダ・シンガポール(2017年)
日本未公開:2018年10月13日
上映時間:105分
製作会社:Hydraulx
配給:REGENTS、ハピネット
製作費:2000万ドル
興行収入:
前作:『スカイライン 征服』

SFパニック・アクション『スカイライン 征服』の続編で、映像も舞台もはるかにスケールアップした第2作。突然、起こったエイリアンの侵略になすすべもなく壊滅していく人類文明を見ているしかなかった。その前代未聞の衝撃から生存したものたちは事態を変えるために動き出す。未知の侵略者に対抗するために世界を駆け巡るが…。

★【スタッフ】
監督:リアム・オドネル
脚本:リアム・オドネル
撮影:クリストファー・プロブスト
音楽:ネイサン・ホワイトヘッド

★【キャスト】
フランク・グリロ、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ、イコ・ウワイス、カラン・マルヴェイ、バレンタイン・パエン、ベティー・ガブリエル、ケビン・オドネル

【無料動画】

BEYOND SKYLINE Trailer (2017) Frank Grillo, Iko Uwais Action Movie

BEYOND SKYLINE Trailer (2017) Frank Grillo, Iko Uwais Action Movie

(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
5.6/10 75% 45
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 3.0/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画FUN
前作は超低予算だったため、人類類が征服される3日間を1棟の高層マンションの中から描くというものすごいこじんまりしたストーリーだったのですが、今作は監督も交代して予算も2倍。予告を見ればわかるとおり、舞台もジャングルになったりと、とりあえずビジュアルは数段増しになっているのがわかるでしょう。逆にあの小さい規模の前作からよくここまでパワーアップできたなと驚くばかり。一体、裏で何が起こったのか? これも未知の存在か…。
●OPENLOAD
前作で大襲来した母船団。でも倒すべきはエイリアンのボス。あれっ、このシチュエーション、某「インディペンデンスなんちゃら」の続編でも見た気がする。とにかく地球の運命を賭けた凶悪エイリアンとの泥沼戦の勝者は誰になるか、それは古代寺院跡で雌雄を決することになる。初めに核爆発とかがあったが、その影響は大したことはない。前作の脚本の一人が監督になっただけあって、SF的設定は掘り下げられているのは進歩といえる。
●SPACEMOV 
前作はソニーに訴えられて話題になったSF映画です。『世界侵略: ロサンゼルス決戦』のVFX資金を使って製作した素材を流用したのじゃないの?と疑われました。訴えは取り下げたみたいですが。そんなこんなで続編の本作はとりあえずパクリと呼ばれないための覚悟はあるようです。しかし、たぶんこのシリーズのダメな部分は演出だと思うのです。なぜ出来もしないのにアクションをいれてしまったのか。そこは目をつぶって観てください。