エレクトリック・チルドレン

動画『エレクトリック・チルドレン』を無料視聴

現在版の処女懐妊の神話を描いた衝撃作

原題:Electrick Children
製作:アメリカ(2012年)
日本公開日:2015年7月(DVDスルー)
上映時間:95分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
現代版の「処女懐胎」をテーマに描くロードムービーで、各国の映画祭において話題を集めた青春ドラマ。田舎の宗教コミュニティで質素に暮らす少女・レイチェルは、15歳の誕生日に禁じられたロックミュージックの入ったカセットテープを見つける。今まで聞いたことのなかった音楽は、彼女を不思議な体験へと誘う。まるで夢のような時間を過ごした3カ月後、処女にもかかわらずレイチェルは自らの妊娠に気づく。彼女はカセットテープの音楽が自分に命を与えたと信じ、その答えを求め、外の世界に飛び出していく…。

【スタッフ】
監督:レベッカ・トーマス
脚本:レベッカ・トーマス
撮影:マティアス・トゥルールストルップ
音楽:エリック・コルヴィン

【キャスト】
ジュリア・ガーナー、ローリー・カルキン、リーアム・エイケン、ビル・セイジ、シンシア・ワトロス、ビリー・ゼイン

【動画】

HIFF (2012) – Electrick Children Trailer – Rory Culkin Movie HD

HIFF (2012) - Electrick Children Trailer - Rory Culkin Movie HD


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
6.8/10 86% 60
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
2.5/5.0 4.00/5.00 3.7/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 65.3点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年7月14日) star_5
「第62回ベルリン国際映画祭ジェネレーション 14plus部門 オープニング作品」であり、「2012年ムンバイ映画祭 女優賞」「2012年タリン・ブラックナイト映画祭 ベストフィルム賞」「2013年パームスプリングス国際映画祭 監督賞」を受賞…そんな華々しい言葉が躍るこの作品は安易に「良作です」と断言できるほど生易しいものではない。なぜなら言うまでもなく「処女懐胎」という強烈な要素を孕んでいるからである。しかし、そこに真意があるのだ。
映画フリー (2016年7月15日) star_5
母の残した青いテープがレイチェルの閉ざされた世界から解放する。心が呼び寄せるように、今までを取り戻すように、録音してきた心の声が今の声と重なっていく。カルト的なお話かと思ったが、純粋な成長ドラマなのでした。レイチェル役のジュリア・ガーナーの美しさに目が奪われっぱなし。西洋絵画からそのまま飛び出してきたように端麗で、神聖ささえ感じます。まさに汚れを知らない感じを体現してみせており、彼女ありきの映画です。
OPENLOAD (2016年7月19日) star_5
牧歌的な映画かと思いきや、現代社会要素が強い。両面の雰囲気がうまく混在しているのが斬新さ。厳密には後者的な内容で若者賛辞ととれる映画。田舎娘と都会娘、女の子同士のコミュニケーションはなんだかいいよねって思う。他の登場人物も各々の役割、ビジュアルや雰囲気がとても良い。決して処女懐胎という不可思議現象の謎を解き明かすような作品ではない。あくまで無垢な少女の成長を追いかけるロードムービーなのです。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする