ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

ゲイリー・オールドマンの熱演を批評家が絶賛

原題:Darkest Hour
製作:イギリス(2017年)
日本公開日:2018年3月30日
上映時間:125分
製作会社:Perfect World Pictures
配給:ビターズ・エンド、パルコ
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
イギリスの政治家ウィンストン・チャーチルを題材に、首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描いた歴史ドラマ。第2次世界大戦初期、勢いを強めるナチスドイツによってフランスが陥落寸前にまで追い込まれ、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。連合軍が北フランスの港町ダンケルクの浜辺で絶体絶命の窮地に陥る中、就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手にヨーロッパ中の運命が委ねられることになる。ヒトラーとの和平交渉か徹底抗戦か、究極の選択を迫られるチャーチルは、政治的にも歴史的にも重要となる決断をする。

【スタッフ】
監督:ジョー・ライト(関連作品:『PAN ネバーランド、夢のはじまり』)
脚本:アンソニー・マッカーテン
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:ダリオ・マリアネッリ

【キャスト(キャラクター)】
ゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル)、クリスティン・スコット・トーマス(クレメンティーン・チャーチル)、リリー・ジェームズ(エリザベス・ネル)、スティーブン・ディレイン(ハリファックス伯爵外務大臣)、ロナルド・ピックアップ(ネヴィル・チェンバレン)、ベン・メンデルソーン(イギリス王ジョージ6世)

【動画】

ゲイリー・オールドマン驚異の役づくり!映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』予告編

ゲイリー・オールドマン驚異の役づくり!映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』予告編

(C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

RAK1【toremaga(動画)】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Fmovies


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
劇場公開中の新作映画を無料で見るなら U-NEXT がオススメ!
もれなく映画館で映画1本を無料鑑賞できます。毎月もらえるポイントで割引クーポンをゲットしよう。

劇場公開中の新作映画を安く見るなら ムビチケ がオススメ!
最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう!

▼作品をより深く知る▼

【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
7.4/10 86% 75
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.7/5.0 3.97/5.00 3.9/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年12月9日) star_5
英国の現代史を理解するうえでも重要で、世界の歴史を変えたといっても過言ではない男、イギリス首相チャーチルを描いた映画です。原題のタイトル「Darkest Hour」のように舞台設定は極めて短い期間から構成されているが、まさにこの時間こそが世界の命運を分けたのである。何よりもこの映画の見所はチャーチルを演じるゲイリー・オールドマンの怖ろしいまでの演技。2017年の男優としては飛び抜けている名演だった。文句なしである。
映画FUN (2018年2月7日) star_5
チャーチルはこんな人だったのかと初めて興味を持ちました。本国では凄い有名人なのでしょうけど、日本人にとっての印象は薄いですからね。怒りっぽくちょっとぼーっとしているけれど、時に可愛らしく時に熱く人間味のある多面的な人物で、そんな彼があの多くの命がかかってくる危機的状況にどう対処するのか最後まで息を呑んで見入りました。ノーランの戦争映画「ダンケルク」と合わせて視聴するのがすごくおすすめですね。
STREAMIN (2018年2月8日) star_5
これがメイクというものの本気の凄さなのか。今やなんでもCGの時代。それでもメイクというアナログな方法でどこまでやれるかを究極な領域まで突き詰めた作品として歴史に残る一作である。また、リーダーシップ、とくに政治に求められる主導的立場にいる人間の素質を問うこの映画は今の時代にこそ映画化される意味があったはずだ。それは言うまでもなく、現代の主要国家でリーダーを支持できない人が多い背景があるからだ。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする