光(2017・大森立嗣監督)

僕たちは人間のふりをして生きている

原題:光
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年11月25日
上映時間:137分
製作会社:
配給:ファントム・フィルム
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
三浦しをん原作「まほろ駅前」シリーズの映画化を手がけた大森立嗣監督が、再び三浦の小説を原作に描くサスペンスドラマ。過去の忌まわしい記憶に翻弄される3人の幼馴染の姿を通して人間の心の底を描き出す。東京にある美浜島という名の離島に住む中学生の信之は、幼馴染で唯一の同級生である美少女・美花と付き合っている。ある日、島を大災害が突如として襲い、信之と美花、信之を慕う年下の輔、そして数人の大人だけが生き延びた。島での最後の晩、信之は恐ろしい暴力から美花を守るため、決して語れないある禁断の罪を犯してしまう。それから25年後。島から出て妻子と暮らす信之の前に輔が現われ、25年前の事件の真相をほのめかす。信之は美花を守ろうとするが、輔は記憶の中の信之を取り戻そうとするかのごとく2人を脅迫しはじめる。

★【スタッフ】
監督:大森立嗣(関連作品:『セトウツミ』)
脚本:大森立嗣
撮影:槇憲治
音楽:ジェフ・ミルズ

★【キャスト(キャラクター)】
井浦新(黒川信之)、瑛太(黒川輔)、長谷川京子(篠浦未喜/中井美花)、橋本マナミ(黒川南海子)、梅沢昌代(山内)、福崎那由他(14歳の信之)、紅甘(14歳の美花)、早坂ひらら(黒川椿)、南果歩(小野)、平田満(洋一)、岡田篤哉(輔/幼少期)、金子清文、中沢青六、足立正生、原田麻由、鈴木晋介、高橋諒、笠久美、ペヤンヌマキ

【無料動画】

映画『光』(大森立嗣監督)予告

映画『光』(大森立嗣監督)予告

(C)三浦しをん/集英社 (C)2017「光」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【インタビュー】
・井浦新「1秒たりとも頭で考えた芝居はない。本能のままに芝居をさせてもらえた作品は、今までもこれからもなく、宝物のようになった作品。(作品を)初めて見たときは『なんだこれ?』という感じでした。たとえるならば、初めて出合った好きな芸術を、“よくわからないけどすごい”と思う感覚にとても近い。大森監督は、映画を通して芸術を作ろうとしていたんだと思いました。大森監督の今までの作品は最高の“映画”だったんですが、『光』は“芸術”」
・瑛太「(井浦)新さんは僕がモデルをやっていたころからカリスマでしたし、本当にうれしい喜びと緊張、胸のざわめきが生まれてきました。新さんは現場に入ってからすぐに(椅子に)座るのかな、とかずっと観察していました。初めて共演したのは25年ぶりに信之と輔が再会するシーンだったんですが、思わずうれしくて声がでかくなっちゃった。そこから私たちの伝説が始まりましたね」

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)