ゴースト・ブライド

恐怖とともに花嫁が蘇る

原題:Nevesta(The Bride)
製作:ロシア(2016年)
日本公開日:2017年11月25日
上映時間:95分
製作会社:Force Media
配給:インターフィルム
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
19世紀の帝政ロシア時代から伝えられた死者をよみがえらせる儀式が現在に復活する恐怖を描いたロシア製ホラー。恋人のヴァンヤと婚約した女子大生のナスチャは、結婚式を挙げるためにヴァンヤの実家へと向かう。不穏を漂わす空気と謎めいた雰囲気を醸し出すヴァンヤの家に到着してから、ナスチャは数々の怪しげな幻想に襲われる。しかし、ナスチャが見た、死者をよみがえらせる惨劇の儀式の幻想は、単なる幻ではなかった。彼女はヴァンヤの曽祖母であるオルガを現世によみがえらせるための生贄として、この家に迎えられたことに気づき、戦慄する。異様な禁忌に触れてしまったこの事実から逃げることはできるのか。

★【スタッフ】
監督:スビヤトスラフ・ポドゲイエフスキー
脚本:スビヤトスラフ・ポドゲイエフスキー
撮影:アイバン・ブラコフ
音楽:ハーフダン・E・ニールセン、ジェスパー・ハンセン

★【キャスト】
ビクトリア・アガラコバ、ビアチェスラブ・チェブチェンコ、アレクサンドラ・レベノク、イゴール・クリプノ、ラダ・チュロブスカヤ、ビクター・ソロビヨフ

【無料動画】

「ゴースト・ブライド」予告編

「ゴースト・ブライド」予告編

(C)2017, Force Media LLC


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
4.7/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
2.5/5.0 3.40/5.00 2.9/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

映画FUN (2017年11月24日) 
ロシアのホラーというのは新鮮で、かなりの興味がそそられるもので、どんなものかと鑑賞したら、ゴシック調のクラシックな作品でした。古典中の古典という感じで、昨今の妙にイマドキ感溢れるアレンジがされているハリウッド・ホラーや、完全にマンネリ化してアイドルムービーと成り下がったジャパニーズ・ホラーとは、全く異なる様相で古風な雰囲気が好きな人は楽しいはず。古めかしい恐怖を味わえる不思議な体験をぜひどうぞ。
OPENLOAD (2017年11月25日) 
古い洋館。年月を感じるようなほこりにまみれつつ、独自の美しさを見せる装飾品。これらの要素が好きならこの映画は良い選択肢になるだろう。ビジュアル的には安っぽいジャケに反して、中身はしっかりと作り込まれているので、不安がることはない。肝心の幽霊描写も気合が入っており、メリハリのある演出も心を恐怖でキャッチ。ロシアの映画界でもこういうゴースト的なホラーの需要があるのだろうか。どちらかといえば怪物のイメージだったが。
STREAMANGO (2017年11月27日) 
物語は19世紀帝政ロシア時代から厳かに始まる。当時の写真技術はまだ黎明期にあったが、死者の瞼に瞳を描き、それを撮影すると、人の魂は写真機の銀板に保持されるという非常にオカルトっぽい説が唱えられていた。この設定を軸に展開される物語は、今ではデジタル化した世界では、古さを感じ、そこが魅力的になっている。そもそも心霊写真だって時代遅れ感さえあるので、こういうホラーは大切にしていきたい。田舎での結婚は怖いものなのか。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)