マイティ・ソー バトルロイヤル

舞台は…どこだここ!?「マイティ・ソー」シリーズ第3作

原題:Thor: Ragnarok
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2017年11月3日
上映時間:131分
製作会社:Marvel Studios
配給:ディズニー
製作費:
興行収入:
前作:『マイティ・ソー ダーク・ワールド

★【あらすじ】
マーベルコミックのヒーローが集う「アベンジャーズ」シリーズにも参戦している、クリス・ヘムズワース扮する雷神ソーの活躍を描いた「マイティ・ソー」シリーズ第3作。人工知能ウルトロンとアベンジャーズとの戦いから2年、アスガルドを追放された父オーディンを捜しにニューヨークへやってきたソーだったが、突如として現れた強大な敵ヘラによって宇宙の果ての惑星に飛ばされてしまう。その星で行われていた格闘大会に出場させられたソーは、対戦相手として盟友ハルクと再会。危機を乗り切った2人はヘラを倒すためアスガルドへ向かい、わけありの女戦士ヴァルキリー、そして宿敵であるロキも次々と仲間に加え、チームを組んでヘラに挑むが…。

★【スタッフ】
監督:タイカ・ワイティティ
脚本:エリック・ピアソン
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
音楽:マーク・マザースボウ

★【キャスト(キャラクター)】
クリス・ヘムズワース(ソー)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、トム・ヒドルストン(ロキ)、ケイト・ブランシェット(ヘラ)、テッサ・トンプソン(ヴァルキリー)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)、イドリス・エルバ(ヘイムダル)、ジェフ・ゴールドブラム(グランドマスター)、カール・アーバン(スカージ)、浅野忠信(ホーガン)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)、タイカ・ワイティティ(コーグ)

【無料動画】

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本版予告編

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本版予告編

(C)Marvel Studios 2017 All rights reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【toremaga(動画)】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
8.0/10 93% 74
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.9/5.0 4.02/5.00 4.1/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
88% 79点 78.7点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年11月30日) star_5
マーベルのアメコミ映画はもう数が膨大で初見さんお断りな雰囲気が強いですが、今作はシリーズを見ていなくても楽しめると思います。おさえておくべきポイントは少なめ。ソーというビリビリ筋肉男が主人公です。ロキというすぐ裏切る信用ならない奴がいます。ハルクというパワー馬鹿の超人がいます。もうこれだけ。あとはそいつらが暴れまわっているだけです。マーベル史上最も単純アホ映画、見ればあなたもとてつもないバカになる!
映画フリー (2017年12月3日) star_5
こんなに軽いアメコミ映画は初めて見ました。ドクターストレンジの登場、ハルクに叩きつけられるソーなど、過去のシリーズを見ていると大爆笑できる要素も多いですが、基本は初見でも大満足できるでしょう。ムジョルニアを失ったことで雷神として覚醒するソーなど、ちゃんとテンションあがるポイントも抑えているのも嬉しいです。これまでのマーベル作品と違って敵の倒し方が正攻法ではないのは、今後のさらなるインフレの予感を匂わせます…。
OPENLOAD (2017年12月7日) star_5
マイティソーのシリーズの流れですが、実質ハルクの続編でもあります。抱き合わせ商法かと思いましたが、これがコンビを組む価値はじゅうぶんあったというか、もうずっと一緒にいろよと思うくらいの名コンビです。それにロキを加えれば完全な三角関係が成立。イチャイチャです。ギャグ要素だらけのアメコミ映画もたまにはいいなと。このあとに続く「アベンジャーズ3作」の前の良い休憩になったでしょうね。観なくてもいいけど、観ると楽しいです。
マーベル

★【マーベル・シネマティック・ユニバース 作品を総復習!】
フェイズ1
・『アイアンマン』(2008年)
・『インクレディブル・ハルク』(2008年)
・『アイアンマン2』(2010年)
・『マイティ・ソー』(2011年)
・『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
・『アベンジャーズ』(2012年)
フェイズ2
・『アイアンマン3』(2013年)
・『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
・『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
・『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
・『アントマン』(2015年)
フェイズ3
・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(2016年)
・『ドクター・ストレンジ』(2016年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(2017年)
・『スパイダーマン ホームカミング』(2017年)
・『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)
・『ブラックパンサー』(2018年)
・『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018年)
・『アントマン&ワスプ』(2018年)

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)