戦狼 ウルフ・オブ・ウォー

3人 vs 1万人!生き残れ!

原題:戦狼2 Wolf Warrior II
製作:香港(2017年)
日本公開日:2018年1月12日
上映時間:123分
製作会社:
配給:AMGエンタテインメント
製作費:
興行収入:
前作:『ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊』

★【あらすじ】
『SPL 狼よ静かに死ね』などの人気アクション俳優ウー・ジンが監督と主演を務め、内戦下のアフリカから同胞たちを救い出すべく戦いに身を投じる元特殊部隊員の死闘を描いた戦争アクション。2014年の映画『ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊』の続編で、中国では歴代映画興行収入の最高記録を塗り替える記録的な大ヒットを叩き出した。かつて特殊部隊に所属していた退役軍人レン・フォンは、その後の人生を戦いから離れたアフリカの地で過ごすため旅立つが、到着した途端に現地で内戦が勃発してしまう。からくも一度は戦火を逃れたものの、レン・フォンは元軍人としての義務感や正義感を捨てることができず、内戦下に取り残された同胞を助けるために再び戦地へ突入する。この激戦を生き残り、目的を果たせるのか…。

★【スタッフ】
監督:ウー・ジン
脚本:ウー・ジン、クン・ドン
撮影:ピーター・ゴウ
アクション監督:サム・ハーグレーブ、ウォン・ワイ・レオン

★【キャスト】
ウー・ジン、セリーナ・ジェイド、ウー・ガン、チャン・ハン、ユー・ナン、フランク・グリロ

【無料動画】

戦狼/ウルフ・オブ・ウォー – 映画予告編

戦狼/ウルフ・オブ・ウォー - 映画予告編

(C)Beijing Dengfeng International Culture Communication Co., Ltd. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【FMovies


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
[Q&A] お困りですか?
動画が停止する…画質が悪い…字幕や吹き替えがない…広告がウザい…リンクが切れる…。そんなときは VOD(動画配信サービス)がオススメ! 安心安全に映画をインターネットで視聴! しかもお試し期間の活用で無料です。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
6.4/10 70% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.8/5.0 3.68/5.00 3.6/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
67% 80点 63.8点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2018年1月13日) 
水中バトルはまるでワンカットで戦ってるように撮ってて圧巻だったし、銃撃戦も肉弾戦も本当にすごかった。ウージンが組手をすると当たり前だけど超絶格好良くて口をポカンと開けてしまうほど。その後のカーチェイスや白兵戦、戦車等のアクションシーンはどれも最良のハリウッド映画と同等かそれ以上の見応えがあります。豪快な金と火薬の使い方にもあっぱれです。ラストを飾るのは、ウー・ジンとフランク・グリロのタイマン。最高!
映画フリー (2018年1月14日) 
巨大な中国人民をまとめるにはこれくらい直接脳髄に訴える映画がいいのか。一難去ってまた一難な怒濤過ぎる展開は映画というより、テレビドラマの『24』に近い印象です。主人公も中国のランボーというよりジャック・バウアー。こちらに考える隙を与えず、力業で押しきる物語展開はハリウッド映画を凌駕しようとするアジア映画の作り方を確立していくかもしれないと思いました。どっかんどっかんぶっとんだ映画が見たいなら迷わずこれです。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)