ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で

セクシーアイコンとなった作家はなぜ自殺したのか

原題:Nelly
製作:カナダ(2016年)
日本公開日:2017年10月21日
上映時間:99分
製作会社:
配給:パルコ
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
2009年に36歳の若さで他界したカナダのベストセラー作家、ネリー・アルカンを主人公に描いたドラマ。高級エスコートガールだった自らの過去をモデルに描いた自伝的小説「ピュタン 偽りのセックスにまみれながら真の愛を求め続けた彼女の告白」で突如として文壇に現れ、世間にセンセーションを巻き起こす。しかし、2009年に自身のアパートで首つり自殺をしているところを発見され、短い生涯を閉じたアルカン。そんな彼女が愛を求め、自身が生み出したさまざまな分身に悩まされながらも、激情とともに生きた日々を、官能的かつ過激なアルカンの作風を取り入れながら独特のエッセンスをおりまぜながら描く。

★【スタッフ】
監督:アンヌ・エモン
脚本:アンヌ・エモン
撮影:ジョゼ・デエー

★【キャスト】
マイリーン・マッケイ、ミカエル・グアン、ミリア・コルベイ=ゴーブロー、フランシス・ルプレイ、シルビー・ドゥラポ、エマニュエル・シュワルツ、マーク・ベランド、カトリーヌ・ブリュネ、マリー=クロード・ベラン

【無料動画】

「ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で」予告編

「ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で」予告編

(C)FILM NELLY Inc. 2016


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
5.9/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.2/5.0 3.55/5.00 3.3/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

映画フリー (2017年11月6日) 
仏文学界に彗星の如く現れてたった36年で消えていった作家の女性。マリリン・モンローを思わせる美貌から多くの人を魅了し、アイコンとしても注目を浴びた人生を、映画という手法で描き出す一作です。監督自身もこのネリーという魅惑的人物に惹かれていたということで、想いもひとしおでしょう。儚く美しい生涯を描いたというだけではない独自の人生哲学さえ見え隠れする生き様は、文学という媒体とは違ったメッセージを伝えてきます。
OPENLOAD (2017年11月9日) 
日本ではそこまで熱狂的な支持や注目もないネリー・アルカンという人物を描く伝記映画なので、熱量が違うということもあり、冷めた目線で見ている人が多いでしょう。そのぶん、日本での評価は不利だし、扱いも弱いですが、これをきっかけにこういう作家もいたのだと知るのも良い気がします。自身の体験の話と、創作した人物の虚構とが混在していくさまは、まさに彼女の精神が揺れ動く状態であり、私たちと同じ世界にはいなかったのだと思わせます。
SPACEMOV (2017年11月10日) 
彼女の「ただ何も考えずに戯れていたい」という純真な精神はなんとなく理解できる。実生活と作品世界の乖離につねに悩んでいる著名人だけでなく、私たち一般人もときにそういう状態になる。本作は単なる官能映画のようなジャンル作にはせずに、しっかり文学的映画として人物を描き出そうという心意気があり、その点は評価したい。それでも主演女優から漂う言葉やしぐさからのセクシーさはじゅうぶん濃かったし、悲しげでもあったなとも思う。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)