ゴッド・オブ・ウォー

全世界震撼の中国映画の本気のパワー

原題:God of War(Dang kou feng yun)
製作:中国(2017年)
日本公開日:2018年3月10日
上映時間:128分
製作会社:Bona Film Group
配給:ハーク
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
『メダリオン』『画皮 あやかしの恋』『ドラゴン・フォー』シリーズの香港映画界のゴードン・チャン監督による歴史アクション。16世紀。海賊は中国の海岸線を支配し、小さな村を苦しめていた。 その村人たちは、海賊を倒す計画を立てる…。

★【スタッフ】
監督:ゴードン・チャン
脚本:フランキー・タム、Maria Wong

★【キャスト】
Wenzhuo Zhao、サモ・ハン・キンポー、倉田保昭

【無料動画】

GOD OF WAR (2017) Official Trailer | Sammo Hung Action Movie

GOD OF WAR (2017) Official Trailer | Sammo Hung Action Movie


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

海外さん(2017年6月13日) 
偉大で雄大な中国大作である。その映像は確かに中国らしい莫大な資金を感じさせる。これこそ最新のチャイニーズ・ムービーといえるだろう。戦争の神様が始まる前に、この映画を可能にするために必要なお金と協力の量を考えて、6社以上の制作会社の紹介があります。幸運なことに、彼らはこの10年に見られる最も印象的な戦いのシーケンスのいくつかを取り除くために一緒に来ます。残念なことに、戦争の神は、このジャンルの他の映画や大ヒットした中国映画全般に同様の落とし穴があります。ゴードン・チャン監督は、槍の捻じれのような視覚的な盛り上がりに焦点を当てることができます。
名無しさん(2017年7月25日) 
中国の映画制作者がやってきた非常に伝統的な方法です。ゆっくりとしたテンポ、セッティング、衣装、アクセサリー、服装、武器など。あらゆる材料からそのクオリティへの覚悟と意気込みが感じられます。これだけでも最高です。中国の映画がイベントに中国の好きなひねりをかけることで有名であることを認識していますが、これは狂った国境をはるかに後退させます。明確にするために、私はワイヤー・スタントを気にしない。私は象徴主義が何であるか知っている。そんな馬鹿げた人はこれに触れられません。私がキャラクターの中で最も楽しかったのは、レディー・チーでした。最初は彼女のサブプロットは女性のリードを正当化する動きをしているかのように感じるが、映画が進行するにつれて、彼女は彼女の夫と日本の侵略者の両方に対して自分自身を主張する喜びである。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)