あゝ、荒野 前篇

動画『あゝ、荒野 前篇』を無料視聴

原題:あゝ、荒野 前篇
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年10月7日
上映時間:157分
製作会社:
配給:スターサンズ
製作費:
興行収入:
次作:『あゝ、荒野 後篇

★【あらすじ】
寺山修司が遺した唯一の長編小説「あゝ、荒野」を、菅田将暉とヤン・イクチュンのダブル主演で実写映画化する2部作の前編。2021年の新宿。かつて親に捨てられた新次は、兄貴分の劉輝を半身不随にした元仲間・裕二への復讐を誓っていた。ある日、彼は、街でティッシュ配りをしていた吃音で赤面対人恐怖症の「バリカン」こと健二と一緒に、「片目」こと堀口からボクシングジムへ誘われる。新次は復讐を果たすため、バリカンは内気な自分を変えるため、それぞれの異なる思いを胸にトレーニングに励む2人。徐々に名を挙げていく新次に対し、バリカンは特別な感情を抱くようになっていく。そんな中、新次はついに裕二との戦いに臨むことになり…。

★【スタッフ】
監督:岸善幸(関連作品:『二重生活』)
脚本:港岳彦、岸善幸
撮影:夏海光造
音楽:岩代太郎

★【キャスト】
菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、河井青葉、前原滉、萩原利久、小林且弥、川口覚、山本浩司、鈴木卓爾、山中崇

【無料動画】

あゝ、荒野 [前篇/後篇] 2017 映画予告編

あゝ、荒野 [前篇/後篇] 2017 映画予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年11月3日) 
こんな素晴らしい映画の誕生を待っていた人は多いのではないか。古き良き日本映画の泥臭い心情描写と韓国映画の剥き出しの肉体描写を混ぜ合わせた様な圧倒的な熱量。原作は寺山修司さん。東京オリンピックが終わった50年前の新宿を舞台にしたこの小説を2度目の東京オリンピックが終わった2021年の新宿に置き変え、ボクシングで繋がった男達の愛と友情をアツく描いた青春群像劇。綺麗事ではない剥き出しの感情で綴られた濃厚な人間ドラマ、その前編は人物相関にフォーカスしながら後編に向けての期待を一気に膨らませエピローグ以上の密度を持って魅せてくれた。もう最高です。ありがとう。
名無しさん(2017年11月6日) 
新宿歌舞伎町の雑然とした街で繰り広げられる近未来の場末の青春群像劇。東京オリンピックの数年後の社会の混乱期、ボクシングに活路を見出す場末の主人公とそれを取り巻く人達の苦悩と葛藤が描かれる。前編は群像ドラマ色が強く、主演2人の人間臭い熱量や痛みがビシビシ伝わる演技は秀逸で圧巻。とにかく菅田将暉には度肝を抜かれた。上手い俳優だという認識はもちろんあったがこの作品でもう一皮さらに向けた気がする。もう息もできないくらいヤン・イクチュンから目が離せなくなってしまうし、個人的にはトレーナーのユースケ・サンタマリアも絶品でした。「楽しくて仕方ない。居場所を作ってくれてありがとな。」トレーナーの呟き。生きている実感はそう簡単には手にいれられないけど、死ぬまで追い求めたい衝動には敵わない。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)