軍艦島(韓国映画)

論争不可避の歴史アクション・エンターテインメント

原題:軍艦島(The Battleship Island)
製作:韓国(2017年)
日本未公開:
上映時間:132分
製作会社:Filmmaker R & K
配給:CJ E&M
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
日帝強占期(韓国における日本統治時代の呼称)に長崎県の通称「軍艦島」(端島)で強制労働させられていた400人余りの朝鮮人が決死の脱出を試みるスペクタル・アクション。予告動画は公開後わずか13時間で再生回数100万ビュー超を記録し、公開時は初日に97万人余りの観客を動員し韓国のオープニング興行記録を塗り替えたなど、世間からの期待値と反応は非常に大きかった。しかし、その独占的な公開規模と、史実に関する内容について、韓国や日本で論争が巻き起こった。朝鮮人労働者らが虐待を受ける根本的原因が朝鮮人の親日派の人々のせいだという構成から、日本を贔屓しすぎではないかという批判が韓国内では見られた。一方で、当時を知る端島の旧島民やその子孫らは、映画と史実で事実が違う点をいくつか挙げて、反論声明を駐日韓国大使と在日本大韓民国民団などに送った。

★【スタッフ】
監督:リュ・スンワン(関連作品:『ベテラン』)

★【キャスト】
ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョン

【無料動画】

THE BATTLESHIP ISLAND Trailer (2017) Korean Action Movie

THE BATTLESHIP ISLAND Trailer (2017) Korean Action Movie


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【XMovies8


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
[Q&A] お困りですか?
動画が停止する…画質が悪い…字幕や吹き替えがない…広告がウザい…リンクが切れる…。そんなときは VOD(動画配信サービス)がオススメ! 安心安全に映画をインターネットで視聴! しかもお試し期間の活用で無料です。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
7.1/10 55% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年12月20日) 
これは日本で公開できるのかという不安は尽きない内容だが、しょせんは映画だからフィクションだという開き直りで見れば問題ないともいえる。史実なんて気にせず派手にすることを優先している映画なんて日本の作品にもたくさんありますからね。面白いのはこの作品は韓国国内では反日作品とは受け止められていないこと。むしろ日本に配慮しすぎではなんて意見さえもあり、確かに変なところで日本気遣いみたいなのがあってバランスに苦慮してます。
BILIBILI (2018年1月16日) 
この映画を基に日韓の政治関係を語りだすような人はアホです。「パールハーバー」で日米関係を言及したりするのと同じくらい愚かですし、政治を語るならもっと喫緊の現実問題があるでしょうに。リュ・スンワン監督は、これまでもリアル社会の要素をあくまで素材にしてバリバリのエンターテインメントを作る人で、今作も軍艦島という映画にしがいのあるフィールドで、ここまで娯楽作を作るなんて凄い手腕です。日本も軍艦島で映画を作ればいいのに。
DAILYMOTION (2018年2月10日) 
抗日映画の定番である狂った日本人描写なんて昔の香港映画で慣れっこだよ!という良識のある冷静な日本人の方はぜひこの映画を鑑賞してください。こういう作品を見て本当にとち狂った言動をしでかしてしまう日本人の方は恥さらしなので別の映画でも見ていてください。映像的な見ごたえはじゅうぶんで、ラストの銃弾乱れ飛ぶ脱出劇なんてすさまじいの一言。とにかく勢いで持っていく力は「ベルリンファイル」のリュ・スンワン監督らしい荒業です。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)