イングリッド ネットストーカーの女

批評家が称賛したイマドキ若者の痛烈コミカル

原題:Ingrid Goes West
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2018年5月(DVDスルー)
上映時間:97分
製作会社:Star Thrower Entertainment
配給:
製作費:
興行収入:

サンダンス映画祭でプレミア上映されてウォルド・ソルト脚本賞に輝いた、マット・スパイサー監督によるコメディ・ドラマ。SNSストーカーのイングリッド・ソーバーンは インスタグラムで人気のテイラー・スローンに憧れてロサンゼルスに移り住み、彼女に近づくことに成功する。二人は友好的な関係で付き合いはじめるが、徐々にイングリッドの行動がエスカレートし、最悪の事態に発展する…。

★【スタッフ】
監督:マット・スパイサー
脚本:マット・スパイサー、デイビット・ブランソン・スミス
音楽:ニコラス・ソアバーン、ジョナサン・サドフ

★【キャスト(キャラクター)】
オーブリー・プラザ(イングリッド・ソーバーン)、エリザベス・オルセン、オシェイ・ジャクソン・Jr.、ワイアット・ラッセル、ビリー・マグヌッセン、チャーリー・ライト、デニス・アトラス、マーティン・ガルシア

【無料動画】

INGRID GOES WEST Official Trailer (2017) Aubrey Plaza, Elizabeth Olsen Comedy Drama Movie HD

INGRID GOES WEST Official Trailer (2017) Aubrey Plaza, Elizabeth Olsen Comedy Drama Movie HD

(C) 2017 Taylor Made Media LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
6.7/10 85% 71
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2018年3月12日) 
現代社会への超強烈な風刺となっているこの映画。映画祭での大絶賛も頷ける、シニカルでポップでフレッシュで痛々しい傑作でした。とりあえず何でも情報収集するときはツイッター、LINEで常に連絡を取り合っていないと不安になる、インスタに映えそうなモノばかりを探すことに夢中になっている、そんな日本人の若者にはグサグサと突き刺さるストーリーで、自分なりには良かれと思っている行動が収拾がつかなくなっていく過程は未来の自分か?
映画フリー (2018年3月13日) 
「詮索したい」という感情と「承認してほしい」という感情。この2つの欲求が際限なく暴走していくとどうなってしまうのか。そういう人間をネット上でたまに見かける気もしますが、この作品ではそういう状況に陥ってしまった一種の究極を見せてくれます。「勝ち組」への羨望と「負け犬」意識の劣等感から起こる、誇大な行動の数々は自分でもコントロール不可能に。こうなってしまったらもうお終い。そうならないようにしたいものですが…。
OPENLOAD (2018年3月14日) 
SNSに溢れる「リア充」アピールはウザい。これは確かに理解できる。自分の幸せをアピールすることと他人の幸せを卑下することは裏表であり、実際は根っこは同じものなのである。つまり、あなたがウザいと思っている存在は自分の鏡で、結局は同族嫌悪の類に過ぎない。この映画では「あの人みたいになりたい」という気持ちがエスカレートするさまを描き出す。エンディングはハッピーなのか、はたまたバッドなのか、それはその目で確認してほしい。