ヴェンジェンス

ニコラス・ケイジが処刑する

原題:Vengeance: A Love Story
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2017年9月30日
上映時間:99分
製作会社:
配給:クロックワークス
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
ニコラス・ケイジが刑事でありながら法で裁けぬ悪を成敗する処刑人に扮したノンストップ・アクション。湾岸戦争の第一線で奮闘した元軍人の刑事ジョンは、長年の相棒を亡くして失意の底にいたが、あるパーティで知り合ったシングルマザーの女性ティーナとの交流を通し、次第に活力を取り戻していく。そんなある日、ティーナが町のチンピラたちに暴行される事件が起こり、犯人たちは逮捕されたものの、金に物を言わせて雇った弁護士によって無罪を勝ち取り、釈放されてしまう。この不条理な出来事に怒りを覚えたジョンは、自らの手で犯人たちに制裁を加えることを決めるが…。

★【スタッフ】
監督:ジョニー・マーティン
脚本:ジョン・マンキーウィッツ
音楽:フレデリック・ウィードマン

★【キャスト】
ニコラス・ケイジ、アンナ・ハッチソン、ドン・ジョンソン、タリタ・ベイトマン、デボラ・カーラ・アンガー、ジョシュア・ミケル、マイケル・パパジョン

【無料動画】

『ヴェンジェンス』予告

『ヴェンジェンス』予告

(C)2017 DETECTIVE AND THE GIRL PROODUCTIONS, LLC All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
5.2/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.3/5.0 3.31/5.00 3.2/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

映画FUN (2017年10月1日) 
原題は「Vengeance: A Love Story」でラブストーリーとあるとおり、愛をきっかけにした復讐もの。復讐系のやつはだいたい愛する者を奪われたことで始まるので、いつもと同じじゃないかと思うかもしれないが、そこは深く突っ込まないでほしい。静かに復讐の炎を燃やすのは、いつも復讐しているニコラス・ケイジ。もはやこれが専業。彼の作品ではホームラン級で、久々に重厚でドシンとくるようなリベンジが画面いっぱいに展開されます。
SPACEMOV (2017年10月3日) 
ニコラス・ケイジ版「必殺仕事人」で被害者の葛藤も交えつつ、描き出す。引き金となるのは集団強姦事件というだけあって重苦しい。金に物を言わせた容疑者たちは弁護士により保釈され、被害者と観客の怒りのボルテージはMAXを簡単に超えてしまう。よし、復讐だ。そんなこんなでケイジさんの登場です。犯人役の4人は見事なクズなので、もうどんな残酷なことでも好き勝手に復讐しちゃってくださいという気分。ケイジがいるかぎり犯罪者に未来なし!
DAILYMOTION (2017年12月7日) 
これはブチ切れもしょうがない最低野郎だった。あれはレイプではなくお互いの合意の上だった、レイプされた被害者も泥酔していたではないか?なと次々に憎たらしい弁の立つ弁護士に、お前もレイプしてやろうか!などという闇がフツフツと浮かび上がるのは冗談としても、我らがニコラス・ケイジはそれを許さないのであった。このまま彼には、ハリウッドを揺るがすセクハラプロデューサーや俳優をバッサバサと殺していってもらおうかな。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)