ナラタージュ

ナラタージュ

松本潤と有村架純が禁断の愛を熱演

2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生の同名小説を松本潤と有村架純の共演で映画化し、禁断の恋に落ちる高校教師と元生徒が織り成す純愛を描くサスペンス・ロマンス。大学2年生の泉のもとに、高校時代の演劇部の顧問・葉山から、後輩たちの卒業公演への参加を依頼する電話がかかってくる。高校時代、泉は学校になじめずにいた自分を助けてくれた葉山に思いを寄せていたが、卒業式の日に起きたある出来事を胸にしまったまま、葉山のことを忘れようとしていた。しかし、1年ぶりに葉山と再会したことで、抑えていた恋心を再燃させてしまう。一方、葉山もまた泉に対して複雑な思いを内に抱いていた。

原題:ナラタージュ / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年10月7日 / 上映時間:140分 / 製作会社: / 配給:東宝、アスミック・エース

★【スタッフ】
監督:行定勲(関連作品:『ジムノペディに乱れる』)
脚本:堀泉杏
撮影:福本淳
音楽:めいなCo.

★【キャスト】
松本潤、有村架純、坂口健太郎、大西礼芳、古舘佑太郎、神岡実希、駒木根隆介、金子大地、市川実日子、瀬戸康史

【無料動画】
https://youtu.be/ELlP-77s2eE
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.3/5.0 3.27/5.00 3.4/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
69% 67点 70.9点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
・有村架純「撮影前に監督や脚本家の方と、お互いのイメージを共有し合ったんです。泉は何を言われても動じない、本当の強さを持った凛とした女性だという話が出ました。そこで監督に観るように勧められたのが、成瀬巳喜男監督の『浮雲』(1955)でした。ヒロインが泉っぽいということで、参考にさせていただいたんです」

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2017年11月1日) 
行定監督の雰囲気が全面に出ている一作で、本人も思う存分にできたのではないでしょうか。映像が綺麗で、無理な演技が無くて好きな映画になりました。恋愛の不可解さや残酷さを丁寧に描き出しているのが一番の特徴です。本作は簡単に言ってしまえば男女の三角関係を描いた良くある話なのですが、それでも決して平凡にもならず、かといって無駄にドラマチックにもならず、恋愛の苦しい部分をひたすらに描く、その真面目さが好きです。
●BILIBILI (2017年11月3日) 
恋愛というのはそれだけで人を傷つけるという残酷性を描いているという点では、今の若者向けのキラキラした青春映画とは真逆といえる。それを体現する男側である松本潤は、安易なイケメン役でもなく、どことなく情けなさを漂わす存在感が上手くフィットしている。一方で、ヒロインの有村架純もまた、安直な美少女ではなく、半端な想いを振りまく未熟さがよく出ている。両者ともこの人間としての欠けている感じが全体の味になっているのだ。
●PARAVI (2017年11月4日) 
ハッピーエンドのラブストーリーではないことはわかると思いますが、人によっては自分の恋愛経験によって号泣必須になるでしょう。エンドロールもズルい。作詞作曲が野田洋次郎なのだから余計にです。恋の苦い部分が凝縮されたドラマ展開に胸がつぶれそうになるのですが、それも現実なので何も言えない。高校の先生に初恋をするという内容からは思えないほど、シリアスに進む展開に、人を選ぶことは間違いないですが、良い作品でした。