DARK STAR H・R・ギーガーの世界

アーティスト、H・R・ギーガーの創作の秘密に迫る

原題:Dark Star: H.R. Giger’s World
製作:スイス(2014年)
日本公開日:2017年9月2日
上映時間:99分
製作会社:
配給:日活、boid
製作費:
興行収入:

リドリー・スコット監督作「エイリアン」の造形などでその名を知られ、2014年に他界したスイスのアーティスト、H・R・ギーガーの創作の秘密に迫ったドキュメンタリー。1980年のアカデミー視覚効果賞を受賞した「エイリアン」の造形、エマーソン・レイク・アンド・パーマーの「恐怖の頭脳改革」に代表されるレコードジャケットなどで世界中のファンを魅了し、数多くのアーティストたちの創造性を刺激してきたH・R・ギーガー。ギーガーの自宅やアトリエにカメラが入り、73歳のギーガー本人が登場。6歳の時に父親にプレゼントされた頭蓋骨、博物館でのミイラの恐怖といったギーガー創作の源泉ともいえるエピソード、3人の女性のパートナーとの出会い、「エイリアン」誕生秘話などがギーガー自身の言葉とともに紐解いていく。

★【スタッフ】
監督:ベリンダ・サリン
撮影:エリック・シュティツェル
音楽:ペーター・シェーラー

★【キャスト】
H・R・ギーガー、カルメン・マリア・ギーガー、マルコ・ビツィヒ、スタニスラフ・グロフ、サンドラ・ベレッタ、ハンス・H・カンツ、トム・ガブリエル・フィッシャー

【無料動画】

『DARK STAR/H・R・ギーガーの世界』予告編

『DARK STAR/H・R・ギーガーの世界』予告編

(C)2015 T&C Film (C)2015 FRENETIC FILMS.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画フリー (2017年10月10日) 
厳格なカソリックな家庭に育った最愛の恋人リーがミューズとなり、ギーガーとのタブー無き生活の中で疲弊し遂には死に至るエピソードがあまりに悲しく、まるでそれ自体が寓話のようだ。その後に舞い込んだエイリアンの大仕事。マネージャーに、妻になれば俺の代わりにインタビューだって受けられるだろうと照れ隠しに結婚を申し込むあたりの可愛さ。大きな喪失から得た成功や新たな生活。アーティストは人物自体が芸術なのかもしれない。
●SPACEMOV (2017年10月11日) 
エイリアンのデザインで有名なギーガーさんのドキュメンタリー作品。よく見ると彼の作品の多くは生(生殖器)と死(骨)の要素が混在しているというのは有名な話。ではなぜそんなことになっているのか。その裏側にはギーガーという人間が辿ってきた深遠な道筋が刻まれていたことをこのドキュメンタリーで知ることができる。美しさを感じるなんとも神秘的な感性と作品は後世にいつまでも残る。それは彼の生き様の延長になっているのだ。
●DAILYMOTION (2017年10月12日) 
死期を悟っていたから本作のオファーを受けたんでしょう。見るからにヨボヨボで儚げで危うい感じの老人は、撮影直後完成間近で惜しくも死去されたとのこと。呼称はギーガーで定着していたけれど、登場する人全て「ハンス」と言う。よく考えれば当たり前だが。エロスとタナトスを併存させた彼の芸術性はどうしても印象に残る。「死んだらそれで終わりだ。死んでもう一度新しい人生をやり直すだなんて、そんなつまらない」言葉が突き刺さる。