ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島

細田守監督が描く「ONE PIECE」の世界

原題:ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島
製作:日本(2005年)
日本公開日:2005年3月5日
上映時間:90分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
尾田栄一郎原作による「週刊少年ジャンプ」の看板人気漫画「ONE PIECE」の劇場用長編第6作。謎の男・オマツリ男爵が住むオマツリ島を舞台に、秘密のお宝を巡りルフィ一行の大冒険が展開する。“偉大なる航路(グランドライン)”を航海中のルフィ一行は、ある時ガラスのビンを発見する。その中にはなんと、オマツリ島の宝の地図が入っていた。喜び勇んでオマツリ島へやって来たルフィたちだったが、想像していたものとは違う島の地味さに拍子抜け。すると突然、きらびやかなテーマパークが出現し、ド派手な男・オマツリ男爵がルフィたちの前に現われた。男爵はルフィに向かって「秘密の宝物をやろう。ただし、地獄の試練を乗り越えられたらな!」と言うのだった。すっかりやる気満々のルフィとその仲間たちだったが…。

★【スタッフ】
監督:細田守
脚本:伊藤正宏
キャラクターデザイン:山下高明、すしお、久保田誓
音楽:田中公平

★【キャスト】
田中真弓、岡村明美、中井和哉、山口勝平、平田広明、大谷育江、山口由里子、大塚明夫、草尾毅、青野武

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月13日) 
ワンピース好きからしたら、「いやこれはワンピースでは無い!」と思う作品であり、一方で細田監督好きからしたら、「あー!これは間違いなく細田監督!」と思う、つまり複雑でメンドクサイ事情があります。どこの視点で視聴するかは観客しだいですので、そこはご自由にですけど。序盤はワンピースらしい仲良し系ギャグ映画、そこからの怒涛のトラウマモードが発動。でも今になって思えばこれくらいの鬱さは今のワンピースでは珍しくないけど。
BILIBILI (2016年2月5日) 
最恐トラウマホラーじゃないですか。細田タッチの画とテンポが合わさって楽しいのですが、まさかの情け容赦なしな展開にびっくり仰天です。ルフィがグサグサになるシーンとか、子供ながらに怖いと思うのは必須だし、アニメじゃなかったらR15は避けられませんね。オマツリ男爵の肩に乗ったリリーの目が死んだ目に変わったり、変貌を遂げていく様は、大人ですらゾッとするレベル。全然オマツリ気分にはなれません。覚悟してご視聴ください。
CRUNCHYROLL (2016年4月18日) 
ラストへ向かう不気味さや絶望さ、静けさの中に確実にある絶妙な怖さがなんとも言えない、クセの強すぎる細田ワールドでたまらなかった。オマツリ感あるパッケージや前半との落差が凄まじく、気軽に見始めると絶望する。ここまで世界観とキャラが随分と確立してファンも圧倒的に多い世界を、まだ知る人ぞ知る無名に近いクリエイターだった人物が手を付けてこうも自分流にアレンジするとは。さすが細田監督。どう考えてもただものじゃない。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)