デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」

シリーズ第5弾

原題:デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年9月30日
上映時間:
製作会社:
配給:東映アニメーション、東映
製作費:
興行収入:
前作:『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」
次作:『デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」

★【あらすじ】
人気アニメ「デジモンアドベンチャー」の15周年記念作品として製作された「デジモンアドベンチャー tri.」全6章のうちの第5章。パートナーである望月芽心が謎の男に傷つけられている姿を見て、メイクーモンが再び暴走を始めた。一方、西島大吾と望月博士のもとに現れたハックモンが真相を明らかにしていく。それは、現実世界に消えたメイクーモンこそが歪みそのもので、強大な力を持ちすぎた世界を壊す鍵であり、世界の調和を保とうとするホメオスタシスがメイクーモンを切り捨てようとしているというものだった。現実世界に戻った「選ばれし子どもたち」は、デジモンとともにいるがゆえに人々から追われ、孤立無援の状態になりながらも打開策を探るが…。

★【スタッフ】
監督:元永慶太郎
脚本:広田光毅
キャラクターデザイン:宇木敦哉
音楽:坂部剛

★【キャスト(キャラクター)】
花江夏樹(八神太一)、三森すずこ(武之内空)、細谷佳正(石田ヤマト)、田村睦心(泉光子郎)、吉田仁美(太刀川ミミ)、榎木淳弥(高石タケル)、池田純矢(城戸丈)、M・A・O(八神ヒカリ)、荒川美穂(望月芽心)、浪川大輔(西島大吾)、甲斐田裕子(姫川マキ)、坂本千夏(アグモン)、重松花鳥(ピヨモン)、山口眞弓(ガブモン)、櫻井孝宏(テントモン)、山田きのこ(パルモン)、松本美和(パタモン)、竹内順子(ゴマモン)、徳光由禾(テイルモン)、森下由樹子(メイクーモン)

【無料動画】
(C)本郷あきよし・東映アニメーション


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画FUN (2017年10月10日) 
第1章からウジウジしてた太一がやっと吹っ切れたので5作目にしてなんとか爽快さがあった。話はもう毎度おなじみデジタルワールドと人間界が危ないみたいな定番でありながら、おそらく見ている視聴者は大半がかつてデジモンにハマった大人たちなので懐かしさ補正でどうしても鑑賞してしまう。小さい頃想像してた初期デジモン全員の究極進化がまさにその通りになっていくのは感慨があるし、とりあえずここまで見続けて良かったと思った。
●CRUNCHYROLL (2017年10月15日) 
残すところ次がラスト! 正直思い出補正マックスだけどそれでも見ちゃうのがこのデジモンというコンテンツの魅力です。今回は芽心とメイクーモンがシリーズで一番どん底に陥るダークさが目立つ作品で、確かに前半はバトルもなくやや退屈だけれど、終盤は派手な、それこそデジモンとは思えないほどぶっとんだ展開が待っているので楽しいです。振り返ればこのシリーズが久しぶりにファンがああだこうだと言い合える場を提供してくれました。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)