ロボコップ(1987)

最強の警官がここに誕生する

原題:RoboCop
製作:アメリカ(1987年)
日本公開日:1988年2月11日
上映時間:103分
製作会社:
配給:ワーナー・ブラザース
製作費:
興行収入:
次作:『ロボコップ2』

★【評価】
88% Rotten Tomatoes

サイボーグ化された警官が活躍するSFアクション。近未来のデトロイト。かつて自動車産業で栄華を誇ったこの街は犯罪都市と化しており、巨大コングロマリット企業「オムニ・コンシューマ・プロダクツ」によって民営化された警察を含む街全体が支配されていた。デトロイト市警に配属されたばかりのアレックス・マーフィ巡査は、相棒のルイスと共に一連の警官殺しにおける犯人にして指名手配中のマフィア「クラレンス一味」を追っていたが、カーチェイスの末に一味の隠家を発見し、潜入するも敵につかまり、一斉射撃を受けて、惨殺されてしまうが…。

★【スタッフ】
監督:ポール・バーホーベン(関連作品:『グレート・ウォリアーズ 欲望の剣』)
脚本:エドワード・ニューマイヤー、マイケル・マイナー
撮影:ヨスト・ヴァカーノ、ソル・ネグリン
音楽:ベイジル・ポールドゥリス

★【キャスト】
ピーター・ウェラー、ナンシー・アレン、ロニー・コックス、カートウッド・スミス、ミゲル・フェラー、ロバート・ドクィ、レイ・ワイズ、フェルトン・ペリー、ポール・マクレーン、デル・ザモラ、カルヴィン・ファン、リー・デ・ブロー

★【おすすめの関連作】
・『ロボコップ(2014)
・『スターシップ・トゥルーパーズ

【無料動画】

ロボコップ RoboCop 1987

ロボコップ RoboCop 1987


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月6日) 
ポール・ヴァーボーベンのサイバーパンクなエンタメ映画でありながら、ブラックユーモア、社会風刺、SF的な先見性に溢れる実に多彩な見方のある作品でした。「ターミネーター」と同じでしょうと思っている人もいますが、全然違います。死を生き延びたヒーローでありつつ、アメコミ的な勧善懲悪からは離れ、ひたすら利用されて汚い仕事に従事するものの苦しみを描く。今の戦争におけるPTSDなどの問題とも通じるテーマさえも感じるほどです。
OPENLOAD (2016年1月7日) 
マフィアに殺されるシーンなど意外にグロい描写にも容赦がないあたりはさすがの監督の作家性。バイオレンスとともにこれがただの暴力爽快映画には終わらないのはディストピアとしてのSFジャンルもカバーしているから。不憫な姿で労働に酷使されていく姿は、ブラック企業など小物に見えるほどのサイテー組織は支配する社会だ。コメディとして認識する人もいるかもしれないが、そこには現代社会に通じる痛烈な皮肉が込められています。
SPACEMOV (2016年1月9日) 
「ロボコップ」という覚えやすいポップなネーミングの割には、可愛らしいライトな要素はなく、ひたすらに重い。「死体の状態から機械的に復活した人間」という設定は「アイアンマン」を連想するが、物語は痛快なアクションに舵をきるように見えて、実はひたすらに過酷なバックグラウンドとその苦しみを描くので正反対ともいえる。本作に込められたメッセージ性が、以降の映画作品に活かされているといえば、いないのが残念ではある。