大日本帝国

動画『大日本帝国』を無料視聴

大日本帝国

原題:大日本帝国
製作:日本(1982年)
日本公開日:1982年8月7日
上映時間:180分
製作会社:東映東京
配給:東映
製作費:
興行収入:14億円

【評価・受賞/SCORE】
 Dai Nippon teikoku
(1982) on IMDb
Rotten Tomatoes ??%

【作品紹介・あらすじ/STORY】
日本軍の南方戦線を舞台に過酷な運命に翻弄される若者たちの姿を綴った、「第1部・シンガポールへの道」「第2部・愛は波濤をこえて」の二部構成からなる戦争巨編。昭和16年から20年にかけての南方戦線を軸に日本人にとって戦争とは何か、人々はどう生きたかを史実に基づいて描いた一大戦争巨編。五木ひろしの主題歌も話題となった。当時ABCD包囲網によって窮地に立たされた日本政府は、対立するアメリカとの和解を模索していたが、対米開戦を強く主張する陸軍を中心とした勢力に屈し、近衛内閣は総辞職した。そこで強硬派の急先鋒である陸軍大臣東條英機をあえて首相に任命した昭和天皇は、そのうえで対米開戦を回避するべく指示した。これに最初は応えていた東條首相だったが、いずれ国内の強硬派を抑えきれなくなると読んでいたアメリカは日本を挑発する。そしてついに、海軍による真珠湾攻撃を天皇は了承してしまい、太平洋戦争は開戦した。

【スタッフ/CREW】
監督:舛田利雄
脚本:笠原和夫
撮影:飯村雅彦
音楽:山本直純

【キャスト/FULL CAST】
三浦友和、あおい輝彦、関根恵子、篠田三郎、夏目雅子、佳那晃子、丹波哲郎、若山富三郎、西郷輝彦、仲谷昇

【動画/MOVIE】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(字幕)】
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
au-Video
Gyao


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評/REVIEW】

名無しさん(2016年8月20日) star_5
これほど日本人の魂を揺さぶる映画があっただろうか。戦争はなぜ起こったのか、その事実は歴史の教科書のように1ページ程度で語られるようなことではない。当然なのだが、しかし、実際の私たちは平和を叫ぶくせに戦争が起こった経緯をよく知っていません。この映画はそんな無知の私たち日本人に過酷な過去を突きつける作品です。だから見れば嫌な気持ちになるかもしれません。でも、これが歴史なのです。
名無しさん(2017年2月13日) star_5
この映画を監督した舛田利雄は「”大日本帝国”は保守系の人達からは左寄り映画と言われ、左翼系の人達からは右寄り映画と言われる」とコメントしています。なぜ双方から嫌われるのか。それはきっと自分の頭の中にある「都合のいい」歴史とは食い違っているからでしょう。「戦争の是非や歴史認識はともかく、戦争を指導した最高指導者の責任を明確に描く」というスタイルは舛田監督の戦争映画に共通しています。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank

スポンサーリンク
[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
  • 配信数最大規模。国内ドラマやアニメも充実。
U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
  • 映画見放題に加えて、CDやDVDが借り放題。30日間無料。
TSUTAYA

  • dTV
  • NTTドコモの安心サービス。月額500円という安さもお得。
dTVdTV

  • Hulu
  • 海外映画のラインナップはNo.1。ドラマも充実。2週間無料!
Hulu

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトに記載されている情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。常に最新の情報とは限りません。
  • 詳細な利用に関する事柄は、サイト下部にある「お問い合わせ・免責・ガイドライン」を参照してください。

【動画の探し方・視聴方法】

  • サイト上部にある検索フォームに見たい作品のタイトルもしくは関連キーワードを入力して検索します。または、サイトにある「五十音順で検索」から作品タイトルを探すか、「ジャンル・公開時期・製作国」で検索することもできます。
  • 作品ページを見つけた場合、各ページの「動画リンク」をクリックして外部サイトにアクセスし、それぞれの見たい作品の動画があるかどうか確認します。
  • その時点でもし動画がない場合も、時期によって動画が掲載されることがあるため、「FREEMOVIE2(フリムビ2)」をブックマークするなどして、コンテンツ更新を待ってください。