アゲイン 28年目の甲子園

元高校球児たちが再び甲子園の土を踏む

原題:アゲイン 28年目の甲子園
製作:日本(2014年)
日本公開日:2015年1月17日
上映時間:120分
製作会社:「アゲイン」製作委員会
配給:東映
製作費:
興行収入:

重松清の同名小説を映画化した、元高校球児たちが再び甲子園を目指す“マスターズ甲子園”に挑む中年男たちの姿を描く青春ドラマ。元高校球児、坂町晴彦46歳。あの白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、離婚した妻が亡くなって以来、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。人生のエキサイティングな日々はとうに終わっていた。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で亡くなったことを知らされる。彼女は別居していた父親の遺品の中に、坂町や元ピッチャーの高橋ら、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年書きながらも出さずにいたのか、知りたいと願っていた…。

★【スタッフ】
監督:大森寿美男
脚本:大森寿美男
撮影:佐光朗
音楽:梁邦彦

★【キャスト】
中井貴一、波瑠、和久井映見、柳葉敏郎、門脇麦、太賀、工藤阿須加、久保田紗友、西岡徳馬、堀内敬子

【無料動画】

映画『アゲイン 28年目の甲子園』予告編

映画『アゲイン 28年目の甲子園』予告編

(c)重松清/集英社 (c)2015「アゲイン」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月10日) 
年はとっても昔の仲間が集まって、そこに熱い思いがあれば、アゲインするのは必然の流れ。日本は年を取れば青春的なことをしてはいけないという風潮がありますが、いつになったってあの輝かしい日々を取り戻したいものです。野球好きな人は是非観てほしいと思うし、大人が観たらとても感動すると思います。「ちゃんと負けたら次へ進める」という言葉のとおり、これは人生の次の試合へ進むための、ひとつの欠かせないトレーニングに過ぎないのです。
BILIBILI (2016年1月11日) 
青春時代の悔恨と現在の葛藤を乗り越える大人たちの感動ドラマ。なぜかオヤジになると人生を野球に例えたがる傾向にあります。失敗はスリーストライクでワンアウトだとか。それでもそんなことを恥ずかしいと思わず、愚直に突き進むのもたまにはいいもので。今年活躍している子達も何十年後かにはこうやって青春時代を思い返したりするのでしょうから。直球のキレが心地よい素晴らしいピッチングを見せてくれるストーリーでした。また、野球で…。
PARAVI (2016年1月15日) 
野球ではなくても過去に悔いが残る何かを抱えた人には響くものがあるはず。王道ですが、そこがいい。おっさん達の単純な青春映画かと思ってたら、おっさんであるが故に抱える家族との確執、リストラ、健康問題もたくさん含まれていて、結構切ない人生映画でした。日本人がなぜ野球が好きなのかわかった気がします。中井貴一や柳葉敏郎といってベテラン俳優陣も安定した演技で魅力的だし、非常に邦画のバランスの良さが上手くでた作品でしょう。