インターンシップ

グーグルに仮入社してみた…ビジネス・コメディ

原題:The Internship
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2015年4月(DVDスルー)
上映時間:120分
製作会社:Regency Enterprises
配給:20世紀フォックス
製作費:
興行収入:

★【評価】
35% Rotten Tomatoes

★【あらすじ】
倒産した会社のセールスマンが巨大企業のインターンシップに挑む姿をユーモラスに描いたコメディ。ビリーとニックは、時計販売会社のやり手中年セールスマンコンビ。だが、ある日突然、二人は上司から会社が倒産したことを告げられる。その理由はスマートフォンが普及したことで、わざわざ時計を買う人が少なくなったため。デジタル時代に取り残され、突然職を失った二人は途方に暮れるが、ある日ビリーが予想外の提案をニックに持ちかけてくる。それは、デジタル時代の代名詞である巨大企業「Google」が募集しているインターンシップに自分たちも参加しようというものだった。

★【スタッフ】
監督:ショーン・レヴィ(関連作品:『リアル・スティール』)
脚本:ヴィンス・ヴォーン、ジャレッド・スターン
撮影:ジョナサン・ブラウン
音楽:クリストフ・ベック

★【キャスト】
ヴィンス・ヴォーン、オーウェン・ウィルソン、ローズ・バーン、アーシフ・マンドヴィ、マックス・ミンゲラ、ジョシュ・ギャッド、ジェシカ・ゾー、ロブ・リグル、ハーヴェイ・ギリェン、エリック・アンドレ

【無料動画】

『インターンシップ』2015.3.18 先行レンタル配信/4.3ブルーレイ&DVDリリース

『インターンシップ』2015.3.18 先行レンタル配信/4.3ブルーレイ&DVDリリース


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画FUN (2017年1月14日) 
ストーリーはシンプル。学歴のない2人が人生経験からGoogleにインターンで入る話です。トントントンとストーリーが進んで気軽に見れて明るい気持ちになっていくので、難しく考えずに鑑賞ください。それにしても日本の就職事情と全然違って、そういう意味ではへこんできます。こういう海外の就活ものは観ておくことで、自分がいかに狭い世界にいるかを実感できるので、オススメです。この作品で海外を知れるならお得で安いものですよ。
●DAILYMOTION (2017年4月11日) 
Google本社の雰囲気を垣間見る貴重な機会を提供する、映画というよりはバラエティー番組の小芝居みたい感じ。王道の逆転サクセスものとして普通に面白いけどコメディ要素としてひたすらバカなことをするみたいな展開はありません。経営学を学びたいならこの映画を推奨できます。本を読むよりも視覚的にわかりやすく、最先端企業の取り組みがわかるし、人生における大切なことを示すような教育的なメッセージも響いてきますからGOODです。
●VUDU (2017年5月13日) 
口に出して伝える事が益々少なくなり近くにいてもメールで伝える時代。インターネット時代の最盛期の中で、会社の在り方も変わっていく。就活中の人にはぜひこの映画を観てほしい。とりあえず就職できればいいと思っているのならば、これはそんなあなたの妥協的な精神にアタックを仕掛けてくる。「テッド」のスタッフがこの映画を製作しているということもあり、有名映画のオマージュが満載で、そこも気にしながら見るとさらに愉快。

★【おすすめの関連作】
・『マイ・インターン

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)