絵文字の国のジーン/The Emoji Movie

絵文字の国のジーン

批評家から超最悪映画と大不評!問題作アニメーション

誰しもが見たことが使ったことがある「絵文字」をテーマとしたCGアニメーション映画。アレックスのスマホの中にあるデジタルシティ「テキストポリス」に暮らす絵文字たちが騒動を起こしていく姿を描く。ある男の子のスマートフォンの中。絵文字たちがにぎやかに暮らす町、テキストポリスに住む絵文字のジーンは、不機嫌な「ふーん」顔の役割をもっているが、表情が豊かで両親を心配させていた。ある日、いよいよジーンの初仕事の日がやってくるが、決められた顔とは全然違う表情をしてしまい、案の定の大失敗を犯してしまう。仲間たちを混乱させてしまったジーンは、自分に不具合があることを知り、仲間のハイタッチ、ハッカーのジェイル・ブレイクと一緒に冒険に出るが…。

原題:The Emoji Movie / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年2月17日 / 上映時間:86分 / 製作会社:Sony Pictures Animation / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント / 製作費:5000万ドル

★【スタッフ】
監督:トニー・レオンディス
脚本:トニー・レオンディス、 マイク・ホワイト、 エリック・シエゲル
音楽:パトリック・ドイル

★【キャスト(キャラクター)】
T・J・ミラー(ジーン)、ジェームズ・コーデン(ハイタッチ)、アンナ・ファリス(ジェイル・ブレイク)、マーヤ・ルドルフ(スマイラー)、スティーブン・ライト(メル)、ジェニファー・クーリッジ(メアリー)、パトリック・スチュワート(うんちパパ)、ショーン・ヘイズ(悪魔/ロケット)、ジェイク・T・オースティン(アレックス)

【無料動画】

THE EMOJI MOVIE – Official Trailer (HD)

THE EMOJI MOVIE - Official Trailer (HD)

(C)2017 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved. “emoji”TM is a trademark of emoji company GmbH used under license.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
3.0/10 7% 12
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
フリムビ2独自ランキング
D(珍作・迷作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2017年10月25日) 
企画発表や予告動画公開の時点から不安視する声はありましたが、案の定というか、映画が公開されるや否や、批評から大不評でもって温かく迎えられたCGアニメーション。その中身については実際に見てもらう方が早いので、割愛するが、そんな評価も納得の感じです。いわゆる昨今のアニメ映画のクオリティが高すぎるのもありますが、それにしたってこの映画は中身がない。でも、その欠点とされる本作の特徴は逆に言えば個性でもあり、独自の世界観といい、カルト的になりうる要素もあったはず。なので、とても惜しい映画でもあると思います。
●CRUNCHYROLL (2017年11月3日) 
世間が言うほど悪い作品だとは思わなかった。オリジナリティとしても絵文字を題材にするというのは斬新でユニークだと思う。日本文化から事を発した絵文字がここまで世界的市民権を得ていることも驚きです。もっと絵文字だからこその唯一無二のストーリー展開を期待していたが、わりと普通なのが少しもったいない。シュールで変わったアニメーションを観たい人なら、この映画はなかなかオススメできると思います。声優陣の異様な豪華さも地味に注目ポイントですし、このメンツで「うんち」とかやってますから、凄いですよ(棒読み)。

★【おすすめの関連作】
シュガー・ラッシュ
LEGO ムービー