ザ・ウォール

壁から逃げられない極限のスリラー

原題:The Wall
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2017年9月1日
上映時間:90分
製作会社:
配給:プレシディオ
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
イラク戦争を舞台にスナイパーに狙われたアメリカ兵の極限下の戦いを描いたサバイバルスリラー。2007年、イラクにある荒廃した村。アメリカ兵のアイザックとマシューズは、瓦礫の中に残る大きな壁に潜む敵を狙っていたが、5時間まったく動きがないため、マシューズが様子を見るために壁に近づいたところ、想定外の場所から銃撃されてしまう。援護に向かったアイザックも銃弾に狙われ、壁の背後になんとか退避したものの、身動きが一切取れなくなってしまった。その時、仲間を名乗る謎の男から無線が入り、その声にかすかな訛りを聞き分けたアイザックは、男の正体を確認しようとするが…。

★【スタッフ】
監督:ダグ・リーマン(関連作品:『オール・ユー・ニード・イズ・キル』)
脚本:ドウェイン・ウォーレル
撮影:ロマン・バシャノフ

★【キャスト】
アーロン・テイラー=ジョンソン、ジョン・シナ

【無料動画】

「ザ・ウォール」予告編

「ザ・ウォール」予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
6.2/10 68% 57
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.3/5.0 2.83/5.00 3.4/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
89% 80点 68.3点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年10月10日) 
登場人物も極端に少なく、場所もほぼ1箇所でのジリジリくる心理戦、時間と共に色んな事を観てる方も考えてしまい、いつの間にかそこに居るような気に…。謎の敵から狙撃され、壁から出られない主人公。その壁もボロボロと崩れていく。戦争映画でワンシーンにありそうなものを映画全編で展開する大胆さが素晴らしい。相当な低予算制作のはずが最後まで中だるみさせることなく、次の展開が読めない脚本に驚き。ラストのオチも皮肉が効いている。
SPACEMOV (2017年10月12日) 
中盤の謎の敵との無線会話の意味がわからない人もいるみたいだが、あれこそ本作のテーマ性の鍵だと思う。単なるシチュエーションスリラーに思えて、実はしっかり既存の戦争風刺もしている。結局、戦争をしている者同士、互いをろくに知らないのだ。なのに争う。戦争はいつも一方的な暴力だ。戦場の悲惨さ、そしてアメリカ・イラクの両者にとって悲しい結末しか待っていないこと。そんなことが等身大で伝わってくるリアルな90分だった。
STREAMIN (2017年10月14日) 
本作は実在したスナイパーの物語を描いていながら、その作風の切り取り方は独特。ひたすらに敵スナイパーとの心理バトルで、派手なシーンはほぼゼロ。主人公のアイザックを「キック・アス」のアーロン・テイラー=ジョンソン、他に相棒のスナイパーのマシューズだけ。敵のスナイパーは最後まで姿を見せず声だけ。このシンプルさだからこそ表現できる戦争へのシニカルなラスト。ダグ・リーマン監督らしさがここでも垣間見える一作でした。

★【おすすめの関連作】
ノー・エスケープ 自由への国境

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)