禁じられた二人

初恋同士のカップルに待っていたのは…

初々しい男女のロマンスをスリルたっぷりに描くドラマ。初恋同士のカップル、ラウラとカルロスを待っていたのは、ほろ苦く、うつろいやすい恋の事実。夢に見ていたロマンスと現実とのギャップに、若者たちは翻弄される。

原題:Amar / 製作:スペイン(2017年) / 日本公開日:2017年7月(Netflix配信) / 上映時間:103分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:エステバン・クレスポ
脚本:エステバン・クレスポ
音楽:Adolfo Núñez

★【キャスト】
エステバン・クレスポ、グスタボ・サルメロン、グレタ・フェルナンデス、セルソ・ブガーリョ、ソニア・アルマルチャ、ナタリア・テナ

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV×】
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年8月1日) 
18歳のカルロスと 17歳のラウラ 激しく恋に落ち二人が世界の全てになる。周りが反対すればするほど二人の愛は燃え上がり駆け落ちする。愛し合う二人、恋に溺れて幻想を描き、二人の世界は加速していく。二人のきらびやかな世界とは対照的な母と元夫の体の関係、理想と現実の中でなんども幻滅し、依存すればするほど些細なことが命取りになり、体の関係も激しさを増していく。中盤からは男女の特徴がよく出ており、引きで大きく捉えるカメラが二人の世界の小ささを感じさせる。愛と大人への成長がうまく交差し、幻滅し現実を知ることでその一歩は踏み出される。それは同時に自分自身を見つめる過程にもつながる。
名無しさん(2017年8月18日) 
みんなにお勧めする素晴らしい映画。「青は最も暖かい色」(Abdellatif Kechiche監督)以来の微妙な象徴とイメージのベストな使い方。明るさと暗さを使用してシーンを設定し、視聴者に快楽主義のモチーフを強制することはありませんが、視聴者が自分の結論になることを信頼することを好む エンディングは何の答えも出ませんが、あなたに悲劇感を残します。シーンを開いたり閉じたりすることの重要性とその共生の性質を示す完璧なムービー。2人のリードによる偉大な演技、サポートするキャラクターたちも自分のものを持っています。結局のところ、2017年の最も評価の低い映画の一つであり、国際的な視聴者に値するものです。