Pick Up NEWS!

 

ヘルウィーク

動画『ヘルウィーク』を無料視聴

原題:Burning Sands
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2017年3月(Netflix配信)
上映時間:102分
製作会社:Mandalay Pictures
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 Burning Sands
(2017) on IMDb
85% Rotten Tomatoes – Burning Sands

【あらすじ】
アメリカの大学にある男子大学生の社交クラブ(フラタニティ)で平然と繰り返される常軌を逸した上級生のしごき。その虐めともとれる行為に疑問を感じ始める新入生。そんな中、エスカレートした”特訓”が地獄の夜へと変貌する。

【スタッフ】
監督:ジェラード・マクマリー
脚本:ジェラルド・マクムーリー、クリスティン・バーグ
音楽:ケビン・ラックス

【キャスト】
アルフレ・ウッダード、イマニ・ハキム、オクタヴィウス・J・ジョンソン、クリスチャン・ロビンソン、ジェラード・マクマリー、スティーヴ・ハリス

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【Netflix

【感想・批評】

名無しさん(2017年4月10日) star_5
アメリカの大学の社交クラブ、寮の暴力的な入寮試験。ある大学の社交クラブに入会するために下級生達は先輩からの地獄のようなしごきに耐える生活をしていた。それはもはやしごきどころか拷問に近いものだった…という話。日本でも後輩が先輩にしごかれるという話はありますが、アメリカは常軌を逸しています。親子代々でクラブに入ったりそれが名誉だったりコネや社会のヒエラルキーに関係してくるってしんどいな。そしてあのラスト。しんどい。
名無しさん(2017年4月27日) star_5
実際にありそうな大学のヒエラルキー。人種差別にあってきた黒人が大学卒業も社会で地位を獲得できる、また、今を変えることができるコミュニティに入るために黒人同士のヒエラルキーにも耐え抜く姿は人種差別に直面していない自分でも観ていて色々と考えさせられた。主人公の父親が入れなかったことは、きっと父親が入れないことでその後の人生を苦労したから、主人公が何が何でも入ろうとしたんだろうなー。この映画で病院のシーン以外で全く白人が出てこないのは、監督が黒人・ヒスパニック系のコミュニティのダークな世界を描きたかったのかな。ドッグフード食べるシーンはドッグフードが食べたことがある自分としては吐き気がハンパなかった…。