ドルフ・ラングレン ゾンビ・ハンター

悪霊ゾンビをぶっ倒すのこの俺だ!

原題:Don’t Kill It
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2017年8月19日
上映時間:85分
製作会社:Archstone Pictures
配給:ブロードウェイ
製作費:
興行収入:

人気アクション俳優ドルフ・ラングレンがゾンビハンター役を演じたゾンビぶちのめしアクションホラー。ミシシッピー州の小さな町で、古代の悪霊ゾンビが解き放たれた。悪霊はとり憑いた人間を殺した者に次々と憑依していき、町は大量の犠牲者で溢れ返る。このままでは町は平凡な姿を二度と取り戻せないほど、破壊し尽くされることは時間の問題だった。そんな時、くたびれたロングコートを身にまとった普通ではない大男が町に出現する。その人間はただものではなかった。数十年前に同じゾンビと戦った経験があるという謎の大男は、FBI女性捜査官と共に悪霊ゾンビに立ち向かう。

★【スタッフ】
監督:マイク・メンデス
脚本:ダン・バーク、ロバート・オルソン
撮影:ジャン=マイケル・ロサダ
音楽:ショーン・ビーバン、ジュリエット・ビーバン

★【キャスト】
ドルフ・ラングレン、クリスティーナ・クリーブ、ジェームズ・チャルク、トニー・ベントレー、マイルズ・ドーリアック、ビリー・スローター

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2017年9月10日) 
ゾンビというか悪魔憑きもののホラーコメディと表現するのが適切かもしれません。B級のお手本みたいな作風で、雑と言えば雑ですけど、そこがいいみたいな味です。ゴア描写は良いけど、アクションと展開に流石に気になるヌルさありまくりですが、そのへんはツッコミながらお楽しみください。もうちょい締めたら名作になったかもしれないけど、名作になられても困りますから。これくらいがベストです。でも最近のドルフ映画では1番面白いのでは?
SPACEMOV (2017年9月11日) 
ドルフファンは視聴必須の作品です。いつもの俳優名でタイトル宣伝しちゃっている系ですね。こういう役回りになるのはもう一握りの俳優だけです。それが良い事かどうかはちょっと濁しておきますが。人間核弾頭ドルフ・ラングレンがゾンビというか、悪霊的な存在をなぎ倒す話。彼の手にかかれば、相手が霊体的な非生物であっても関係なし。相手に対して憑依するという中々厄介なタイプですが、そんな姑息な手段は通用しません。倒すのみです。
DAILYMOTION (2017年9月13日) 
原題にゾンビ感一切ないのにまた邦題が適当なこと書くからこうなるのですよ。せめて「デビルハンター」とかにすればいいのに。どこからゾンビという言葉が湧いて出たのか。やっぱり悪霊よりゾンビの方が集客できるという理由なのでしょうか。憑依した人間が殺されると、そいつを殺した人間に再憑依するという、無限ループな能力を持っているのが特徴。だから原題は「Don’t Kill It」なんですね。なおさらこのまま邦題すべきような…。