昼下がりの背徳

美と性を追い求める男の姿を描く官能ドラマ

国際的に高い評価を得たドゥニ・アルカン監督が7年ぶりに手がけた、妻のいる身で浮気をした若い建築家が、次第に背徳の関係にのめり込む様を描くエロティック・ドラマ。カナダのトロントでレヴィンソン賞の授賞式が行われ、若き建築家ルークにその名誉が贈られた。華やかな栄光に身を包まれ、幸せの世界が広がった瞬間だった。そこで壇上から降りるルークに声をかけた女性は、リンゼイという名の人だった。そのとき、鮮やかな世界は色を変えて、ルークは過去の忘れられない出来事を思い出す…。

原題:Le regne de la beaute / 製作:カナダ(2014年) / 日本公開日:2015年4月(DVDスルー) / 上映時間:102分 / 製作会社:Cinémaginaire Inc. / 配給:

★【スタッフ】
監督:ドゥニ・アルカン
脚本:ドゥニ・アルカン
撮影:ナタリー・モリアフコ=ヴィゾツキー

★【キャスト】
エリック・ブルノー、メラニー・ティエリー、メラニー・マーコスキー、マリ=ジョゼ・クローズ、ジュヌヴィエーヴ・ブワヴァン=ルーシー、ミシェル・フォルジェ

【無料動画】

Le règne de la beauté : bande-annonce officielle

Le règne de la beauté : bande-annonce officielle


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ リンク先のページへ
DMM

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月15日) 
カナダ映画ですが、ケベックなので実質フランス映画みたいなものです。そのせいもあって雰囲気というか漂わす内容もフランス風。欧州の大人ドラマになれているのであれば何も問題ないですが、カナダというイメージでいるとびっくりするかもですね。といっても中身は不倫を描いた大人のドロドロした関係性のものですから、日本でも同様のものはあります。それにそこまでの異質なトリッキーさはないので、違和感もなく見られるのではないでしょうか。
DAILYMOTION (2016年1月16日) 
夫婦お互いに別の相手がおり、悩みながらも夫婦の愛もあり、そして別れながらも愛は続くというなんともアダルトな付き合い方。こうやって見るとやはり人はつながりを求めているのであって、社会的な契約(結婚とか)を必ずしも欲しているわけではないことがわかるなと思う。結局のところ、本質は欲求であり、その外側に体裁という世間体を気にする羞恥心の皮があり、そのさらに外に社会的な倫理観があるに過ぎないのか。そんなことを思わせる一作。
SHAREVIDEOS (2016年1月19日) 
タイトルが「昼下がりの背徳」という明らかに扇情的なセンスを醸すので、期待して見たら、まあ、それなりのエロはありました。ただ、思ったほどのドロドロな様子ではなく、どこか繊細でした。これは海外だと不倫はこう描くのが普通なのか、それともこの作品だけ特別なのかそのへんは私には判別つきませんでした。不倫がメインでもないような、純愛に帰っていくワケでもない、テンプレではないオチは日本人的にも意外なアプローチで気にいってます。