犯人に告ぐ

連続児童殺害事件の犯人に呼びかける

雫井脩介によるベストセラー小説を映画化したサスペンス。川崎で連続児童殺害事件が発生。犯人はテレビに脅迫状を送りつけて世間を騒然とさせるが、3件目の犯行後に忽然と姿を消してしまう。そこで警察は、捜査責任者をテレビに出演させる“劇場型捜査”を断行。6年前の誘拐事件で捜査に失敗した刑事・巻島がその役を任される。カメラの前で、挑発するかのように犯人に呼びかける巻島だったが…。

原題:犯人に告ぐ / 製作:日本(2007年) / 日本公開日:2007年11月3日 / 上映時間:117分 / 製作会社: / 配給:ショウゲート

★【スタッフ】
監督:瀧本智行
脚本:福田靖
撮影:柴主高秀
音楽:池頼広

★【キャスト】
豊川悦司、石橋凌、小澤征悦、笹野高史、片岡礼子、井川遥、松田美由紀

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2010年1月2日) 
豊川悦司の力演はさすがのもの。これによって本作は鑑賞に堪えうるものになっている。この手の作品は小説を先に読んでしまうと、自分のイメージと作品映像のギャップが気になり文句が先に立つのが普通なのだが、本作は気に入りました。テレビから、犯人に対して呼びかけるシーンは迫力もGOOD。無骨でリアルな緊張感が作品全体を覆っていて、非常に見応えがあります。過去を引きずりながら、目の前の事件に全力投球する主人公。過去を引きずり、復讐のため主人公を刺してしまう誘拐事件の被害者の親。どちらにもそれなりに感情移入してしまう。バランスの良いドラマです。
名無しさん(2010年1月8日) 
初めから緊迫感が有って、若干の休憩を挟みながら最後まで緊迫し続けて非常に息を飲む程入り込んでしまいました。退屈することが最初から最後まで全くなく、そして見終わった後まで楽しめた作品でした。トヨエツさんの演技も非常に良かったです。感情が爆発させるようなシーンはあまりないのですが、気持ちが伝わってきました。最後のトヨエツの目を見開くシーンは、何か意味ありげだったけど何かあったんでしょうか。ラストについてはちょっと調べたくなる作品ですね。