猿の惑星(1968)

「猿の惑星」シリーズの第1作

原題:Planet of the Apes
製作:アメリカ(1968年)
日本公開日:1968年4月13日
上映時間:112分
製作会社:
配給:20世紀フォックス
製作費:
興行収入:
次作:『続 猿の惑星

★【評価】
90% Rotten Tomatoes

★【あらすじ】
SF映画の金字塔となった歴史に残る傑作「猿の惑星」シリーズの第1作。地球から320光年の長い旅の末、とある惑星に不時着した宇宙飛行士。残されたテイラー、ドッジ、ランドンの3人は、沈みゆく船から急いで脱出し、近くの岸辺へと到着した。そこは荒れ果てた場所であり、言葉を話す猿たちが原始的な人間たちを支配する惑星だった。人間狩りをする猿の軍隊に捕らえられた主人公テイラーは、コーネリアスとジーラという猿の助けを借り、一緒に捕らえられた人間の娘ノバを連れ逃亡を図るのだが…。

★【スタッフ】
監督:フランクリン・J・シャフナー
脚本:マイケル・ウィルソン、ロッド・サーリング
撮影:レオン・シャムロイ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

★【キャスト】
チャールトン・ヘストン、キム・ハンター、モーリス・エバンス、ロディ・マクドウォール、ジェームズ・ホイットモア、ロバート・ガナー、ルー・ワグナー、ウッドロウ・パーフレイ

【無料動画】

吹替の帝王シリーズ第6弾!史上最強の『猿の惑星』 2014/9/3発売!

吹替の帝王シリーズ第6弾!史上最強の『猿の惑星』 2014/9/3発売!


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【雑学(トリビア)】
・映画と違って原作では、猿は独自の言語を用い、主人公がそれを習得して猿たちと意思疎通をするという展開になっている。
・作品中に登場する猿は「戦時中の日本軍」がモデルになったという通説がまかりとおっているが、とくに根拠はない。

★【感想・批評】

●映画FUN (2017年1月10日) 
あまりにも有名すぎるラストのオチなので、今さらネタバレが!という人はいないでしょうし、そんな戯言に付き合ってもられないのでスルー。結構チープな部分は多いのは製作時期の問題だからそれも無視してください。きっと今の最新映画も古いと言われるようになるのですから。予備知識なしで観た当時の人達はどう思ったんだろうという当時に想いをはせながら鑑賞していくとなんだかノスタルジーな感動が時を超えて味わえるような気がしてきていい。
●DAILYMOTION (2017年1月11日) 
名作すぎるがゆえに鑑賞前からオチを知ってしまっていたのが悲しい。つまりこの映画を100%楽しめていないということ。記憶を消す装置があれば最高なのに。なかなか面白く皮肉に満ちていて、単なる猿が出てくるというアイディアありきの作品ではないことがわかる。当時としては新鮮だった設定と特殊メイクを評価することはできる。こういう旧作の評価を現代でするのは困難だが、それができる人は映画を客観視しながら分析できる人なのだろう。
●FANDANGONOW (2017年11月21日) 
不朽の名作。立体を意識した寄りや引きの、臨場感と緊迫感溢れる独特のカメラワークだったり、アートなビジュアルとテクニックが混ざり合っている。続編ありきな感じなんて今の時代で鑑賞した人に言われているが、これは続編計画ゼロどころか、当たるかどうかも怪しい映画化だったことは言及しておかねばなるまい。生物の頂点に立った人間という生き物はそれがいつまでも続くと限らない。その視点を始めて大衆に突きつけた一作ではないか。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)